ダイエットをしたい人が夕食で控えるべき栄養素とは?

この記事の所要時間: 223

ダイエットや減量をしたい、もしくは既にしている人が
夕食を摂る時に控えるべき栄養素はなにか知っていますか?


きっとあなたは、

「糖質(炭水化物)でしょ」

という回答が頭に浮かんだと思います。


それはそれで正解の時もありますが、実際は夕食で
炭水化物を摂ってもダイエットや減量は成功します。
(食べる量を調整すれば脂肪は燃焼しやすいです)


しかし、一方でダイエットや減量をしている人が
なるべく夕食で控えたほうが良い栄養素は存在します。


それは・・・・脂質です。

poteto

これから控えているイベントは睡眠だけ、という
タイミングで摂る夕食で脂肪の多い食事を摂ると、
脂肪はエネルギーとして分解されにくいのです。

何故なら、これから睡眠を控える人間は体も
内蔵も活動を控えてお休みモードに入るからです。
(自律神経よりも副交感神経が有利になってきます)


「じゃあ、炭水化物も摂ったらエネルギーが
余って脂肪になりやすいんじゃないの?」

と、あなたは思うかもしれません。


確かにそういう場合もあるので、炭水化物も控えた
ほうがいい時もありますが、その辺は摂取量を調整する
ことで脂肪にならないようにする事は出来ます。


しかし、脂肪はあくまでも脂肪なので、脂肪を過剰に
摂取して体内に入ったらそのまま脂肪になりやすい
(特にカロリーオーバーの場合)という特徴があります。

結果、夕食で脂質を摂り過ぎるのは太ることに繋がります。

スポンサーリンク
 
そして、脂質は脂質でも特に控えるべき脂質は、
飽和脂肪酸(肉の脂やバターなど)とn-3系の
多価不飽和脂肪酸(ひまわり油やコーン油)です。

何故ならこれらは体にあまり良い影響を与えない脂質だからです。

なので、夕食では脂質は控えるべきですが、摂取量を
ゼロにした方が良い、という事ではありません。
体に良い影響を与える脂質(青魚やナッツ類など)であれば、
少しは夕食メニューに加えていくのは良いでしょう。


要するに摂り過ぎなければ良いのです。


そう考えると、夕食では


・適度な糖質を摂取(場合によっては抜く)

・タンパク質はしっかり摂取

・脂質は控える

・野菜、キノコ、海藻などはたっぷり摂取


このような食事メニューがダイエットや減量の成功の鍵だと思います。


以上、脂質は必要な栄養素ですが、ダイエットや減量をする時は、
食べるタイミングを考えていきましょう、というお話でした。

ちなみに脂質を摂るなら朝食や昼食で摂るのがベストですが、
トレーニング前やトレーニング後は夕食同様控えたほうが良いでしょう。

関連コンテンツ
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

・マッスルテックの製品(プロテイン等)が20%OFF

・California Gold Nutritionの製品(プロテインやBCAA等)が15%OFF(日本時間10月19日(木)午前2時まで)

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中(25%〜80%OFF)

■月一セール・いちご味が全品30%OFF

・割引コードは ICHIGO30 です。

スポンサーリンク
 

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

メールマガジン

理想の体型と、理想のライフスタイル。

この2つを自由にコントロールして、人生を楽しむ方法を情報発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ