エアロバイクの効果を最大にしてお腹を引き締める方法とは?

この記事の所要時間: 222

エアロバイクの効果といえば脂肪燃焼です。

それ以上でもそれ以下でもありません。
(まあ多少足腰は鍛えられると思いますが)


ただし、このエアロバイクもただ長い時間漕いでいれば
脂肪が燃焼するのか?といえば、しないことは
ないですが、人によっては逆効果になる場合もあります。

下手したら逆に代謝を落としてしまい、
エアロバイクを必死に漕いでダイエットしているのに
体重が落ちなくなる、なんて事もあります。


そこで今回は、短時間でエアロバイクの
効果を最大にして、なおかつお腹まで
引き締める方法を紹介します。

大腰筋を使ってペダルを漕ぐ

普通、エアロバイクや自転車を漕ぐ時は、
股関節から下を折り曲げると思います。

earobaiku

それだと、股関節から上の体は
ほとんど運動していない状態になります。


そうではなく、股関節よりもっと上・・・
骨盤の上あたりの大腰筋を軸にして、ペダルを
漕ぐ事によって大腰筋を鍛えることが出来ます。

もうちょっと分かりやすく大腰筋の場所を
言うと、へそと同じ高さあたりにある脇腹で
一番脂肪がつきやすい辺りのことです。

ここを軸にしてエアロバイクのペダルを漕ぐのです。


やってみれば分かりますが、
慣れていないうちは結構キツイと思います。

しかし、この方法でエアロバイクを実践することで
大腰筋が鍛えられて脇腹あたりのお腹が引き締まってきます。

スポンサーリンク
 
どうでしょう、どうせならあなたも
効果が出やすい方法を実践したほうが良いですよね。


ほとんどの人は、エアロバイクをする理由なんて
ダイエット以外に無いと思うので、出来れば短時間で
良い結果を出したいのではないでしょうか。

であれば、心拍数や実践する時間を考えて
普通にエアロバイクをやるのも良いと思いますが、
ここに大腰筋で漕ぐやり方を組み合わせれば、
エアロバイクの効果を更に高く出来ると思います。


それに、大腰筋を軸にしてエアロバイクを
実践したほうが、女性だったら太ももに余分な
力が入りにくくなり、脚も細くなると思いますよ。



さて、あとはエアロバイクをやる時間の
目安ですが、体力のある人でも最高1時間、
あまり体力の無い人は30分くらいで良いと思います


人間は、自分の体力以上の運動をやると、
逆に代謝が落ちやすくなり、例えばダイエットの
為に頑張っていても体重が落ちにくくなります。

つまり、頑張り過ぎは全く意味の無い運動に
なってしまうので、そこら辺は自分の
体力を把握しておいた方が良いかな、と思います。


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ショッピングカートでプロモコード GET10 を
入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で更に10%OFF
(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ