脂肪がつきやすい食べ物は2つの栄養素を含んだ食べ物です

この記事の所要時間: 541

脂肪がつきやすい食べ物といったら、

・糖質(炭水化物)を含む食べ物

・脂質(脂肪)を含む食べ物

という2つをあなたも思い浮かべるのではないでしょうか。


それはそれで正解です。


しかし、もっと脂肪がつきやすい食べ物があります。
(もうあなたも正解を知っていると思いますよ)

それは・・・・







『糖質(炭水化物)+脂質(脂肪)を合わせた食べ物』


です。はい、正解していましたか?


糖質(炭水化物)が多い食べ物自体も脂質(脂肪)が
多い食べ物自体も脂肪がつきやすい食べ物である事は確かです。

しかし、この2つを合わせた食べ物は、
脂肪がつきやすい食べ物として最強です(笑)

何故なら、糖質(炭水化物)を
摂取することによって血糖値が上がります。


血糖値が上がっている状態は、体が栄養を取り込みやすい状態に
なっていますから、そんなところに脂質(脂肪)も一緒に
摂取してしまえば、そのまま体脂肪になってください、
と言っているようなものです。

ですから、本当はこの2つの栄養素はなるべく別々摂取した方が良いのです。


さて、何故糖質(炭水化物)+脂質(脂肪)を合わせた食べ物が
脂肪がつきやすい食べ物なのか?が分かったところで、
早速脂肪がつきやすい食べ物を紹介していきましょう。

ケーキ

keiki

特に生クリーム系やチーズ系のケーキは、
脂肪もたくさん含まれているので、
たくさん食べたらメタボやデブ一直線です。

ケーキバイキングなどは女性が好きだと思いますが、
あそこに行ったら一体どれだけのカロリーを摂取するのでしょうか。


そして、ケーキは体作りにはほぼ必要のない栄養素で
作られた食べ物だという事は覚えておきましょう。


まあ、そうはいっても、食べる量やタイミングを
考慮すればケーキを食べても太りにくいと思いますよ。

食べるなら朝食、または運動後です。


ドーナツ

doonatu

ドーナツは昔から皆に愛されてきた食べ物・・・そして私も嫌いではない。


そして、1個はあまり大きくないのにほとんどの
ドーナツは揚げてあるからカロリーだけは
結構あるという脂肪がつきやすい食べ物の代表です。


普通のランチで1000キロカロリーを摂取するのは
難しいと思いますが、ドーナツで1000キロカロリー
摂取するのは甘いモノが好きな小柄な女性でも
比較的簡単にイケルと思います。

それくらい食べやすくてたくさんカロリーを摂取しやすくて
脂肪がつきやすい食べ物というのは間違いありません。


まあ、この話はドーナツだけに限ったことではなく、
先程紹介したケーキもこれから紹介する菓子パンも
一緒だということです。


菓子パン

kasipann

今ご紹介に預かりました菓子パンは、私も結構好きなのですが、
この菓子パンも糖質と脂質がセットになった高カロリーで
脂肪がつきやすい食べ物の中の1つです。


そして、1個食べたところでお腹が満たされない事が多く、
2個食べてしまうと、種類にもよるけど1000キロカロリーを
超えてしまうことがある恐ろしい食べ物なのです(笑)

特に揚げてあるパンや、クッキー系やデニッシュ系の
生地のパンのカロリーは、1個500キロカロリー以上
ある場合が多いのでヤバイです・・・気をつけましょう。


菓子パンを食べるならカロリー控えめで
脂質が10g以下の菓子パンをおすすめします。

スポンサーリンク
 

ラーメン&チャーハン

raamenn

最初は1つずつ紹介しようと思いましたが、
だいたい店に入るとセットで販売されているので、
ここでもセットで紹介します(笑)


ラーメン&チャーハンは糖質+油を合わせた食べ物です。

脂肪を付けたい場合は毎日お昼のランチ、もしくは
夜のディナーにラーメンとチャーハンのセットを食べましょう。

みるみるうちに脂肪がついてきますから。


まだ、焼き肉を毎日食べていたほうが脂肪はつきにくいはずです。
(摂取カロリーがオーバーすれば当然太りますが)


ポテトフライ

poteto

マクドナルドなどのファーストフード店にいくと、
ハンバーガーも糖質+脂質のセットで脂肪の
つきやすい食べ物といえばそうなのですが、
多分それはあなたも認識しいるかもしれません。


しかし、ハンバーガーよりも軽視しがちなのが、

『ポテトフライ』です。


例えば、マックのポテトフライのMサイズで
500キロカロリー弱ありますし、脂質も20g以上あります。


マックに行って、ポテトフライだけ頼む人はまずいないと
思いますから、そう考えると500キロカロリー弱で脂質も
20g以上あるポテトフライとハンバーガーを食べたとなると、
相当のカロリーと脂質を摂ることは容易に考えられますよね。


500キロカロリーというと、お茶碗2杯分のご飯に匹敵する
カロリーですし、ポテトフライはジャガイモ+揚げ油という

「これから私は太ります」

と宣言しているような組み合わせにしか見えません。

なのに食べだすと、結構サラッと胃袋に
収まってしまうところが更に怖いです。


ファーストフード店に行った際は、出来れば
セットではなく、ハンバーガーとサラダと
コーヒーくらいにしたほうが良いんじゃないか、と。


まとめ

まず、脂肪のつきやすい食べ物といっても
摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、
太ることは無い、という事は断言しておきます。
(ただし、これらばかり食べていたらかっこいい体型に離れません)


しかし、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなった場合、

『これ、食べると脂肪がつきやすいよ』

という食べ物を今回紹介させていただきました。


その食べ物の特徴は・・・

『糖質(炭水化物)+脂質(脂肪)を合わせた食べ物』

です。


同じ摂取カロリーの食べ物でも脂肪の少ない肉を
食べるよりもケーキを食べたほうが脂肪がつきやすいのです。

もちろん、食べるタイミングによって脂肪が
つきやすい、つきにくいもありますが、基本的には
今回紹介したような食べ物は脂肪がつきやすい食べ物なので、
注意して食べることをおすすめします。


どうしても食べたい時は、

・朝食、または昼食

・運動後

このタイミングを目安に食べていただくのが良いかな、と。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ショッピングカートでプロモコード GET10 を
入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で更に10%OFF
(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ