バナナの炭水化物量とそこから見えるバナナの活用法とは?

この記事の所要時間: 248

バナナは、果物の中でも炭水化物の量が多く、
消化吸収も良いので、筋トレ前後の栄養補給や
胃腸が弱っている時の栄養補給に最適な食べ物です。


ただ、私もそうだったのですが、バナナの炭水化物の
量って実際どれくらいなのか?と言われても
しっかりと回答出来ないのが実情ではないでしょうか。

何故なら、バナナ自体の大きさがマチマチだから。


そう、バナナって1本が大きいモノから小さいモノまで
あるので、実際の炭水化物の量が分かりにくいのです。

そこで、サクッと調べてみたらこうなりました。


■バナナ100gの栄養成分(可食部分)

エネルギー  86カロリー

タンパク質  1.1g

脂質     0.2g

炭水化物   22.5g


こんな感じでバナナの皮を剥いて、
g数で計算すると分かりやすいです。


あと、バナナはタンパク質や脂質はほとんど含まれて
いないので、これらの栄養素はこの際無視しましょう。


バナナの炭水化物量は、100gあたり22.5gです。


banana

これが分かれば、例えば筋トレ前や筋トレ後に
50gの糖質が摂取したい、と思った場合、
バナナを200gちょっと食べればいいわけです。

大きいバナナだろうが、小さいバナナだろうが、
皮を剥いて計りに乗せてg数を把握すれば、
自分のお望みの炭水化物量を摂取できます。


あと、バナナを上手に活用していきたい場合は、


・朝食

・間食


この2つのタイミングで食べていくのがおすすめです。


朝食は、前日の夕食から時間が経っているので、
お腹の中は空っぽ状態の場合が多いです。

そこで素早くエネルギーになりやすいバナナは朝食にうってつけです。


朝に時間が無い人は、バナナを2本ほど食べて
プロテインを飲む、という感じでも良いでしょう。

栄養のバランスで言えば微妙ですが、
何も食べずにコーヒーだけ飲むよりは遥かにマシです。

スポンサーリンク
 
また、間食でバナナを食べるのもおすすめです。

仕事で体を動かしている人や、学生で運動を
している人は、間食で消化吸収が悪い食べ物を
食べると胃腸に負担がかかリやすくなります。

なので、そういう時はバナナのように
食べたら30分ほどでエネルギーに変わる
食べ物はうってつけではないでしょうか。


ただし・・・

バナナは、栄養的にも優れた食べ物で
消化吸収も早くて素晴らしい食べ物ですが、
いくら素晴らしい食べ物でも食べ過ぎは厳禁です。

バナナは果物ですが、果物の主成分は果糖で
その果糖は他の炭水化物と違って、血糖値を
上げずに直接肝臓に送られて代謝します。


「じゃあ、血糖値を上げないから太りにくいじゃん」

と言いたいところですが、果糖を摂り過ぎて
肝臓でグリコーゲンとして溜められる量を
超えてしまうと、処理できない分は
中性脂肪になりやすい事が分かっています。

つまり、バナナも食べ過ぎれば太る、という事です。


ちょっと話はそれましたが、バナナの炭水化物量を
把握して上手にバナナを活用していきましょう。

関連コンテンツ
 

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■60ドル以上の購入で、プロモコード FEBEND を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

■Nutrex(ニュートレックス)のプロテイン等が10%OFF(日本時間3月2日(木)午前3時終了)

アイハーブのセール情報はこちらをクリック

マイプロテインのセール情報

■全てのチョコレート商品が全品30%OFF

■月末セール・全品最大70%OFF

・更に割引コード VIP15 入力で15%OFF

マイプロテインのセール情報はこちらをクリック

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからシェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツなどを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ