ご飯(白米)のカロリー知った上でダイエットに気をつける事とは?

この記事の所要時間: 248

ダイエットをしている人でご飯(白米)
カロリーが気になる人も多いと思います。


今回は、ご飯(白米)のカロリーを紹介して
いきますが、そのカロリーを知った上で、
ダイエットをしていく時に何に気をつけていったら良いのか?
という事も話していこうと思います。

gohann

ご飯(白米)のカロリー

100gの場合

エネルギー  168kcal

タンパク質       2.5g

脂質          0.3g

炭水化物         37.1g


100gというとお茶碗1杯まではいかない量だと思います。
(女性用の小さい茶碗ならそのくらいになるかも)


だいたい100gのご飯(白米)は目安を言うと、
コンビニのおにぎりと同じくらいの量か、
それよりちょっと多いくらいだと思います。

裏の成分表を見ると分かると思います。


ご飯(白米)を食べる時は、この100gあたりの
カロリーと炭水化物の量を把握しておくと、
ダイエットにも増量にも役立ちます。


200gの場合

エネルギー      336kcal

タンパク質       5g

脂質         0.6g

炭水化物        74.2g


200gのご飯(白米)というと、普通の茶碗1杯よりも
ちょっと大きい丼に収まるくらいの量になります。


体を大きくしていくためにご飯(白米)を食べていく
場合は、1食で200gを食べていくのはアリですが、
ダイエットをしていく場合はやめておきましょう。


食べる目安は1食で100g~150gに設定しておくと
ダイエットをしていきやすいです。

そのくらいの量のご飯(白米)を2回~4回ほどに
分けて食べていくと、より効率よく
体重を落としていきやすくなります。
(量やタイミングは人それぞれ違います)

スポンサーリンク
 

まとめ

ご飯(白米)のカロリーは100gあたりの
カロリー(168kcal)と炭水化物(37.1g)を
把握しておくと、ダイエットする時に役立ちます。

コンビニのおにぎりは100gそこそこなので、
かなり目安になるのではないでしょうか。


また、現在の自分が体重を維持できている
食事量(炭水化物摂取量)を把握しておいて、
そこから食べているご飯(白米)の量を調整していくと、
ダイエットをやりやすくなります。

ただし、ご飯(白米)の摂取量を減らしすぎると、
脂肪が燃えにくい体になるので、そのへんの
バランスは摂っていく必要があります。


あと、ご飯(白米)よりも玄米の方が
ダイエットに向いているのか?という質問が
良くありますが、これは人によると思います。


玄米は食物繊維も多く栄養素が豊富ですが、
胃腸に負担をかけやすい(消化に時間がかかるから)
ので、胃腸の弱い人が食べると代謝が下がってしまい、
逆効果になる場合があります。

なので、玄米を食べても体調が良い人は
玄米を食べていったほうが良いと思いますが、
そうでない人は無理して食べなくても良いと思います。


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ