バナナのGI値から見たバナナを食べる最高のタイミングとは?

この記事の所要時間: 40

バナナGI値なんてネットで
検索すれば、すぐ出てきますよね。


一応答えておくとバナナのGI値は55です。

この数値ってどうなんでしょうか?


今回は、バナナのGI値を他の食品などと
比較しながらバナナはどんな時に食べるのが
最適なのか?という事をお話していきたいと思います。

バナナのGI値55ってどうなの?

banana

GI値(グリセミック指数)が高い食べ物、食品を
食べると血糖値が上がりやすくなって、体脂肪が
つきやすくなるので、なるべく控えましょう、
という話はよく聞くと思います。

これは、間違いではありません。


じゃあ、バナナのGI値55っていう数値はどうなの?
ってところですが、実際は中間くらいの数値です。


GI値が高い食べ物といえば、精製された食べ物で、
例えば食パンなどがそうでGI値が91もあります。

一方GI値の低い食べ物でいうと、ブロッコリーのGI値が25です。


で、バナナのGI値は55で、それと同じGI値の
食べ物だと玄米やオートミールが同じで55です。


玄米やオートミールは、糖質の中でGI値が低い方なので、
体脂肪を減らすにはもってこいの食べ物だと言われています。


じゃあ、そんな玄米やオートミールと同じGI値の
バナナもダイエットには向いているのか?と
言えば、答えは『YES』とはハッキリ言えません。

何故ならバナナは果物なので、玄米やオートミールと
消化経路が違う(果物に多く含まれている果糖は
GI値をあまり上げずに消化する)からです。

だから消化吸収も早いです。
(食べて1時間以内に吸収してエネルギーになります)


玄米やオートミールはGI値をあまり上げずに
消化にも時間もかかるので、体脂肪になりにくい。


一方、バナナはGI値自体は、玄米やオートミールと
一緒で高いわけではないですが、消化吸収スピードが
早いので、中性脂肪になりやすい、ってわけです。

もちろん、中性脂肪になりやすいのは
果物自体をたくさん食べ過ぎた場合や、1日で
食べた摂取カロリーが多かった場合ですよ。


バナナなどの果物はビタミンや食物繊維など
必要な栄養素がたくさん含まれている食べ物なので、
1日1個(多くても2個)は食べた方が良いです。

このように毎日定期的にバナナを食べていくのなら
バナナはあなたにとって必要な栄養源になると思います。

スポンサーリンク
 

バナナを食べる最高のタイミングとは?

tyousyoku

バナナを食べたほうがいいタイミングは3つです。


朝食

起床時は、エネルギー(糖質)が枯渇気味になっています。

何故なら前回の食事(夕食)から何時間も経って
お腹の中が空っぽになっているからです。


そういう時は、なるべく早く栄養を体内に
届けたい、出来れば脳のエネルギーになりやすい
糖質を摂りたい・・・そこで胃腸にも負担が
かからないバナナ(果物)の出番です。


まあ、バナナじゃなくても
リンゴや他の果物でも良いですが・・・。


運動前

運動(特に筋トレなどの無酸素運動)すると、
エネルギーとして糖質を使います。

その糖質を素早く体内でエネルギーに
変換させやすいのがバナナです。


例えば、運動前に食事をするのを忘れて多少
空腹だった場合、運動の30分前くらいなら
バナナを食べても消化吸収が早いので、
運動する時のエネルギーになってくれます。


特に運動している時に消化されていない食べ物が
体内に残っていると、運動で良いパフォーマンスが
出来ない可能性が高いので、バナナを
運動1時間前くらいに食べるのはおすすめですよ。


運動後

運動後も体内のグリコーゲン(筋肉や肝臓に溜めておいた糖質)
が枯渇(運動によって消費する)している事が多いので、
素早く消化吸収するような食べ物がおすすめです。


運動後は、GI値が高い白米やうどんなどがおすすめですが、
GI値がそれほど高くないバナナでも良いと思います。


まとめ

バナナのGI値は55で高くもなく低くもない、といった感じです。

しかし、バナナ自体は非常に栄養価の高い
果物ですし、安価で手に入れやすい果物なので、
定期的に食べていくのが良いと思います。


先ほどもお話しましたが、バナナを食べる
おすすめのタイミングというものがありますので、
良かったら参考にして食べていってくださいね。


この記事が参考になれば幸いです。


体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ