自宅で足腰を鍛える筋トレでおすすめの種目を3つ紹介します

asikosi

最近は、40代や50代の人達も筋力や体力の衰えを感じて特に足腰のを鍛える人が増えてきていますし、中には高齢者や老人が筋トレを始めている、なんていう話もチラホラ聞きます。

そこで今回は、そういう人達に是非参考にして頂きたいと思い、手軽に取り組めるように自宅で足腰を鍛えられる筋トレでおすすめの種目を3つ紹介したいと思います。


ちなみに今回紹介する筋トレは、全て自重から始められるので、最初はトレーニング器具が無くても出来ます。(負荷が弱いと思ったら器具を購入検討すればOK)

スクワット

キングオブ筋トレ・・・と言われるくらいスクワットは筋トレの中でもおすすめの種目になります。

スクワットは、足腰を鍛えるにはもってこいの種目ですが、それ以外に体幹も鍛える事が出来ますし、腹圧も高められ、腹筋も鍛える事が出来ます。


あとは、

  • 大腿四頭筋(太もも前)
  • ハムストリング(太もも後ろ)
  • 大殿筋(お尻の筋肉)

など、太ももとお尻の筋肉をしっかり鍛えることが出来ますから、足腰に衰えを感じている人にはピッタリの種目。


最初は、自重でいいので正しいフォームを身につけるために練習しながら実践するのがおすすめです。

継続してやっていくと、徐々に足腰が鍛えられている実感が湧いてくると思いますよ。


スクワットのやり方については、下記の動画で分かりやすく説明してくれているので、参考にしてみてください。


ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットもスクワット同様に大腿四頭筋(太もも前)や、ハムストリング(太もも後ろ)大殿筋(お尻の筋肉)などを鍛える事が出来る種目です。

ただし、フォームによって効かせやすい部位が違ってくるので、まずは自分が重点的に鍛えたいフォームを覚えてやっていくのがおすすめ。


私の場合は、ブルガリアンスクワットはなるべくハムストリング(太もも裏)を鍛えられるようなフォームでやっていますが、あなたがまずはブルガリアンスクワットだけやっていこうと思っている場合は、大腿四頭筋(太もも)がメインで効きやすいフォームでやっていくのが良いのかな、と思います。


最初は、自重でやっていくだけで充分効果が出ると思うので、徐々に慣れてきたらダンベルを購入検討していくのが良いでしょう。


ブルガリアンスクワットのやり方については、下記の動画で分かりやすく説明してくれているので、自分が実践してみたいフォームを参考にしてみてください。


ヒップリフト

ヒップリフトは、ハムストリング(太もも後ろ)と大殿筋(お尻の筋肉)を鍛えることが出来る種目で、今回紹介した種目の中では、唯一トレーニング器具を使わなくても十分鍛えられるのが特徴です。

ただし、フォームが間違っていると、なかなか効果が出ない種目でもあるので、最初はしっかりハムストリングや大殿筋に負荷が乗るフォームを覚えることが大事です。

スポンサーリンク
  足腰を鍛えるとともにヒップアップもしたい場合は、かなりおすすめの種目ですよ。(男性も女性もお尻が上がっていた方がかっこいいですから)


ヒップリフトのやり方については、下記の動画で分かりやすく説明してくれているので、参考にしてみてください。(1番上まで上げた時に肛門をキュッと締めるイメージでやると効きやすいdすよ)


まとめ

さて、今回は40代や50代で足腰の衰えを感じる人に自宅で足腰を鍛える筋トレでおすすめの種目を3つ紹介しました。


その種目は、

  • スクワット
  • ブルガリアンスクワット
  • ヒップリフト

この3つです。


どの種目も最初は自重トレーニングで始めることが出来て、正しいフォームでやれば、普段からあまり運動の習慣がない人であれば、かなり効果があると思います。


今回紹介した動画を参考にしてもらって、少しずつ自重トレーニングの負荷にも慣れてきたら、スクワットとブルガリアンスクワットに関しては、ダンベルを購入して負荷を上げていくといいでしょう。

負荷を上げる頃には、足腰もかなり鍛えられていることだと思います。



人間は、二本足で歩く動物であり、人間の中で1番大きな筋肉は脚ですから、年をとっても足腰さえ鍛えておけば、何より普段の生活でも疲れにくくなります。


また、足腰がしっかりしていて体幹も安定していると、姿勢も良くなってくる可能性が高いので、パット見で若く見られやすくなります。

なので、是非今回のお話をきっかけに足腰を鍛えてもらって若返って頂きたいと思います。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ(一部広告)
 

アイハーブのセール情報

■全商品が5%OFF(2018年7月26日(木)午前2時まで)・クーポンコードは SIXTYLC です。(他の割引と併用可能)

■BSNの商品(プロテインバーやプロテインなど)が10%OFF(2018年7月26日(木)午前2時まで)

■マッスルテックの商品(プロテインやクレアチンなど)が20%OFF(2018年12月31日(月)まで)・プロモコードは IOVATE20 です。今なら8月30日まで更に10%OFF(計30%OFF)

■マッスルファームの商品(プロテインやプロテインバーなど)が20%OFF(2018年12月31日(月)まで)プロモコードは MUSCLEPHARM20 です。

■リピート購入(2回目以降の購入)でも、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF(ゾロ目の日や、ゴールデンウィークなどのイベントは要チェック)

アイハーブの割引クーポンコード一覧

■新規購入でもリピート購入でも、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

■新規購入の場合、クーポンコード JP2018 を利用する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■上記2つのクーポンコードは併用出来るので、どちらのクーポンコードのリンク先から購入しでも、全商品5%の割引+10ドル割引になります。(上記の赤のバナー経由でも割引適用済み)

注文金額の5%がロイヤルティクレジットとして次回の注文で使用できます(使用期限は90日)

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

スポンサーリンク
 

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ