腹筋を割る為には2つの数値をしっかり管理する事です

この記事の所要時間: 54

fukkinn

腹筋割る為には食事やトレーニングも大事なのですが、
ただそれらを闇雲にやっていくだけでは腹筋を割る事は出来ません。

何故なら、腹筋を割るためには体脂肪を減らす必要が
ある(腹筋は元々割れていて脂肪に隠れている)のに
食事内容や量、トレーニングだけに焦点を当てていると、
いつの間にかその日その日の食事やトレーニングを
やる事が目的になりかねないからです。


もちろん、食事内容や量、トレーニングは大事なのですが、
それらは何の為にやるのか?というところが一番大事です。

そう、体脂肪を減らして腹筋を割る為にやるのです。


体脂肪を減らすという事は、体重を減らさないと
体脂肪も減っていかないので、大事なことは
今日より1週間後に体重が減っている事なのです。


筋肉が増えた場合、筋肉は脂肪よりも重いので、体重は減らないかも
しれませんが、今回はそういう話は脇に置いといてください。


で、腹筋を割るために大切になってくるのが
2つの数値をしっかり管理する事です。

その2つの数値とは・・・

毎日決まった時間に体重(体脂肪)を測る

腹筋を割る為にはまず自分の体重(体脂肪)が
どのくらいあるのか?という事を把握しなければいけません。

体重(体脂肪)が減らないと割れた腹筋も見えてこないからです。


そこで大切なのが、

『毎日決まった時間に体重(体脂肪)を測る』という事です。

何故なら、毎日決まった時間に体重(体脂肪)を
測ることで、自分がどのくらいの期間でどのくらいの
体重(体脂肪)が減ったのか?が分かるからです。


先ほど

「食事やトレーニングも大事だけど、もっと大切な事がある」

と言ったのは、いくら食事やトレーニングを
頑張っても結果的に体重(体脂肪)が減って
いなければ腹筋を割ることは出来ないからです。

なので、まずは自分の体重(体脂肪)を
把握するため、毎日測る事を心がけましょう。


それで、体重(体脂肪)を測るタイミングですが、
一番良いのは起床してトイレを済ませた後です。


まあ、このタイミングで測るのが難しい場合は、
他のタイミングでも良いですが、測る時は
同じシチュエーションで必ず測ってください。

例えば、就寝前とか、夕食を食べる前とか。


と、このように同じタイミングで毎日測る事で
体重(体脂肪)がどのように変化するのか客観的に分析できます。


ただ、ここで1つ注意ですが、体重というのは1日で
1キロ前後上下する場合がありますし、1日1日でも
体脂肪が減ったわけでもないのに体重の上下があります。
(これは体内の水分量や食べた食事の重さが関係します)

ですので、自分の体重(体脂肪)が減ったか減っていないか?
は1週間以上毎日体重を測り、その平均値を目安にしてください。


例えば、最初の1週間の体重の平均値が60キロだったとして、
2週間目に測った体重の平均値が59.5キロだったとしたら
体重(体脂肪)が減ったと考えましょう。


このように自分の1週間の体重の平均値を把握しながら
食事とトレーニングをどうしていけば良いのか?を
考えていけば、効率よく腹筋を割る事に繋がります。

スポンサーリンク
 

週に1回ウエスト周りを測る

これも先ほど紹介した毎日決まったタイミングで
体重を測って、その平均値を把握しながら
体脂肪減少を進めていくやり方と同じように
ウエスト周りの数値を体脂肪減少の目安にしていきます。

ウエスト周りが細くなれば体脂肪も減った、
と思ってもらえば良いと思います。


体脂肪が減らすことが出来れば腹筋を割ることに繋がるので、
ウエスト周りを測ってその数値を目安にして、食事や
トレーニングをどうしていくか?を考えていく事が重要です。


で、このウエスト周りは毎日測る必要はなく、
週に1回ほど測れば良いと思います。

何故ならウエスト周りの数値は、体重のように
毎日頻繁に変動するわけではないからです。


例えば、その日にウエスト周りを測ったとして、
ウエスト周りが75センチだったとしましょう。
そして、1週間後にまたウエスト周りを測って
74センチだったら体脂肪が減ったと判断しましょう。


この時、

「体重は今までと一緒なのにウエスト周りだけ減った」

という事もあるかと思います。

それは『体脂肪が減って筋肉が増えた』という事なので、
より腹筋を割る事に近づいた、と思ってください。


代謝も幾分上がったはずなので、良いパターンです。


まとめ

さて、今回は、

『腹筋を割るためには2つの数値を
しっかり管理していった方が良いですよ』

というお話でした。


よく腹筋を割るには食事とトレーニングが大事と言われて
います。もちろんそれは間違いではありません。


しかし、食事やトレーニングを闇雲に頑張っても
結果的に体重(体脂肪)を減らさなければ、
脂肪に隠れている腹筋は見えてこないのです。

その為には、自分の体重やウエスト周りをしっかり
測って管理して、その数値を少しずつ減らして
いく事に焦点を当てて、そこから食事やトレーニングを
どうしていくか?を考えていく事が大切なのです。


要するに自分の状況をしっかり把握したほうが効率的に
腹筋を割る事が出来ますよ、というお話でした。
(以前流行ったレコーディングダイエットの要領ですよ)


腹筋の溝を深くして、より腹筋を際立たせたい場合は、
下記の記事を参考にして、トレーニングを頑張ってください。

筋トレメニューを自宅のみで、それも腹筋トレに絞って組んでみた


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ