内臓脂肪の落とし方は男性と女性では違うのか?

この記事の所要時間: 559

sibou

内臓脂肪は、一般的に男性
つきやすい脂肪で、女性は皮下脂肪が
つきやすいと言われています。

そう考えると、内臓脂肪落とし方
男性女性では違うのではないか?と
いう疑問が湧くかもしれません。


しかし、基本は内臓脂肪だろうが、皮下脂肪だろうが、
男性だろうが、女性だろうが、落とすのは脂肪なので、
やっていくことはほとんど変わりません。


やっていくことは2つだけです。

そう、運動と食事です。


ただ、ちょっとだけ男性と女性では運動や食事を
実践していく時に変えた方がいい部分も出てくるので、
これからその話も含めてしていこうと思います。

運動

unndou

筋トレ

内臓脂肪を落とす場合、男性も女性も
運動の中で一番おすすめなのは筋トレです。


筋トレといっても特に女性の場合は、最初から本格的に
やっていくのは躊躇すると思いますので、まずは
自重でスクワットだけを3セットやってみる・・・
そんな感じで筋トレに慣れていくのが良いと思います。


まずは、始める事と慣れることが大切です。


スクワットに関しては下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げるのに一番効果的な筋トレとは?


筋トレをしっかりやって、短期間で内臓脂肪を落として
いきたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します


筋トレに関しては、女性も男性も同じようにやっていけば良いと思います。


よく筋トレをやる時、

『8~12回が限界になるような負荷でやってください』

と言われますが、

基本、この回数でやっていきましょう。

ただ、ずっとこの回数でやっていくと、
体が慣れてしまうので、たまに
高回数(15回とか)でやるのも良いと思います。


あとは、インターバル(トレーニング間の休憩時間)を
短くした方が脂肪燃焼効果は高いと言われているので、
インターバルを30秒~40秒くらいにしてみるのもアリです。
(インターバルは通常1分ぐらいです)


もしあなたが女性の場合で、筋トレが
苦手な場合は、これから紹介する3つの
運動を組み合わせていけばいいでしょう。

あ、男性は是非筋トレにチャレンジして下さいね。


有酸素運動

有酸素運動は直接脂肪を燃やすので、内臓脂肪を
落とすのに有効な運動ですが、有酸素運動ばかりやっていると
筋肉量も減りやすくなり、代謝も下がりやすくなるので、
結果的に内臓脂肪が減りにくくなる場合があります。

ですので、有酸素運動をやる場合は筋トレと
並行してやっていくことをおすすめします。


有酸素運動をやる場合、基本何でも
いいですが、私がおすすめしているのは
タバタ式インターバルトレーニングです。


タバタ式インターバルトレーニングは、ちょっと
無酸素的な運動も含むトレーニングですが、
短期間で脂肪燃焼効果も高いと言われています。

おまけに短時間で済むトレーニングなので、
時間がない人にもおすすめです。


タバタ式インターバルトレーニングについては
こちらの記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げるといわれるトレーニング・タバタ式とは?


体幹・インナーマッスルトレーニング

こちらは、体幹全体を鍛えたり、1つ1つの
インナーマッスルを鍛えるトレーニングです。


男性にもおすすめですが、女性はこういう
トレーニングがやりやすいのではないでしょうか。

できたら取り入れていってみてください。


詳しいことは下記の記事を参考にしてください。

自宅で出来る体幹トレーニングメニューを紹介します

インナーマッスルの鍛え方で女性にもおすすめの方法を紹介します


ストレッチ

ストレッチをして柔軟性が上がれば、
体の可動域が広くなり、同じ動きをしても
消費カロリーが違ってくることがあります

ですので、体を柔らかくしておく事は重要です。

スポンサーリンク
 
下記の記事では、普通のストレッチから骨盤や
肩甲骨周りを柔らかくするストレッチのやり方まで
解説しているので、良かったら参考にしてみてください。

基礎代謝を上げるストレッチを紹介します


あと、あなたが女性の場合、トレーニングを
するなら生理中にやったほうが効果は大きいと
言われているので、なるべくそうしていきましょう。


食事

syokujzi

内臓脂肪を減らすためには男性も女性も、
しっかり食事を管理していく必要があります。


食事量は、男性と女性ではかなり違ってくると思いますが、
食事内容はさほど変えなくても良いと思います。


詳しいことは、下記の記事を参考にしてもらえば良いのですが・・・

内臓脂肪を減らす食事で効果のある栄養配分は?


1つだけ、男性と女性で食事内容について言及しておきます。

それは、

・男性は脂質を制限したほうが脂肪が減りやすい

・女性は糖質を制限したほうが脂肪が減りやすい

と言われています。
(必ずしもそういうわけではないです)


これは、絶対ではないですが、参考にしてもらえれば良いと思います。

まあ、男性の方でも糖質を制限して、脂質を多めに
摂ったほうが脂肪が減る人もいるので、全ての人に
当てはまるものではない、という事は覚えておいてください。


あと、忘れてはいけないのがタンパク質をしっかり摂取することです。

タンパク質をしっかり摂取することで筋肉量を
維持しやすくなり、脂肪を燃焼させやすい体になります。


タンパク質に関しては下記の記事を参考にしてみてください。

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します


また、食事だけで1日に必要なタンパク質にを摂取できる自信が
無い場合は、プロテインを活用していくのも良いと思います。


詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

減量する時のプロテイン飲み方と3つの注意点とは?

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

プロテインのおすすめ人気ランキングを解説したブログ


まとめ

こうして見てみると、内臓脂肪の落とし方は
やはり男性も女性も変わりはそんなにありませんね。


運動に関しては、あなたが出来そうな運動を
取り入れていけば良い(一番おすすめは筋トレですが)ですし、
食事に関しては、女性だったら最初から糖質を
制限していき、男性だったらまずは脂肪を制限していく。


そんな感じでやっていって、その後は糖質と脂質を
体質に合わせてカットしてけば良いと思います。

そうすれば、徐々に内臓脂肪は落ちてくると思いますよ。


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ショッピングカートでプロモコード GET10 を
入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で更に10%OFF
(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ