体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

この記事の所要時間: 1353

体脂肪を一桁にしようと思ったらかなり
綿密に行動を管理して行くことが重要です。


今回は、体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明していきましょう。

体脂肪率を一桁まで落とす方法

hitoketa

まず、今現在の自分の体重と体脂肪率を把握します。


そして、体重と体脂肪率から除脂肪体重を割り出します。

除脂肪体重の計算はこちらのサイトから出来ます。


除脂肪体重がわかったら今度は自分がどれだけの
摂取カロリーを摂っていけば良いのか?を計算します。


計算の仕方は下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を減らす食事量と摂取カロリーの計算方法とは?


で、人にもよるのですがだいたい1ヶ月に
落とす体重を1キロ~4キロくらいの範囲で設定します。
(急激に落とすと筋肉量も落としやすくなります)


ちなみに体重が何キロになれば体脂肪率を一桁まで
下げる事が出来るのか?は人によって違います。


例えば、あなたが70キロで体脂肪率が20%だった場合で、
体脂肪率を10%にしたい場合は、こういう計算になります。


なりたい体脂肪率は10%なので、現在の20%から10%を引きます。
そうすると、出てくる数字は20%-10%=10%という数字が出てきます。

その10%という数値を体重(70キロ)に
かけてやれば、減量すべき数値が出てきます。


70キロの10%は7キロなので、63キロになれば、
体脂肪が10%になる、という事になりますね。

ただし、この計算は目安の数値なので、実際はその通りに
いくかどうかは分からない、という事は理解しておいてください。


さて、ここからは体脂肪を一桁にするための食事や
トレーニング、生活習慣はどうしていけばいいのか?をお話します。


食事

体脂肪だけをなるべく減らして体脂肪率を一桁に
していくためには、筋肉量を減らしてはいけません。

まあ、そうはいっても体脂肪率を下げるために
ダイエットしていけば、少なからず筋肉量は減ってしまいます。


しかし、筋肉量を減らすのを最小限に食い止める事は出来ます。


そこで、大事になってくるのは食事と
トレーニングの質を高めることなのですが、
まずは食事をどうしていけばいいか?を説明します。


タンパク質の大量摂取

maguro

大量摂取と言い方は大げさですが、体脂肪を一桁に
していきたいのであれば、体重1キロあたり1.5~2gの
タンパク質は必ず摂っていきましょう。


私の場合、減量する時は、1キロあたり、2.5g、
多い時は3g近く摂ることがあります。


筋肉量を減らさず、体脂肪を減らして一桁に
していくためにはそのくらいタンパク質をしっかり
摂っていったほうが良い、という事です。


タンパク質に関しては下記の記事を参考にしてみてください。

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します



また、一日で必要なタンパク質量を食事だけで摂取できない場合は、
プロテインを利用していくのが良いでしょう。


プロテインに関しては下記の記事とサイトを参考にしてみてください。

減量する時のプロテイン飲み方と3つの注意点とは?

プロテインの目的別おすすめ人気ランキングはこちら


脂質も最小限に良い物を摂取

omega

脂質は、減らしすぎるとテストステロンが
低下する恐れがあるので、ある程度は摂っていかないと
体脂肪が減りにくくなる可能性があります。

ですので、オリーブオイルやココナッツオイル、アボガド
やナッツ類、青魚などから定期的に脂質を摂っていく事が大切です。


食事から良質な脂質を上手に摂っていくのが面倒くさい人は、
サプリメントから摂っていくのが良いかもしれません。

その際、おすすめなのはココナッツオイルやフィッシュオイルです。
(体作りや脂肪燃焼に効果がある脂質だからです。)


もし、これらのサプリを購入検討する場合は、
国内のサイトで購入すると割高なので、私もよく購入している
iherb(アイハーブ)というサイト(日本語表記です)がおすすめです。

ココナッツオイルの詳細はこちら

フィッシュオイルの詳細はこちら


フィッシュオイルについては、下記の記事で詳しく
書いているので、良かったら参考にしてみてください。

フィッシュオイルの効果で体脂肪は落とす事が出来るのか?


あと、このiHerb(アイハーブ)は、他にもプロテインや
アミノ酸(BCAA)、オーガニック食品なども比較的安価で
販売されている事が多いので、良かったら色々と見てみて下さい。

iHerb(アイハーブ)のトップページはこちら


購入の仕方などが分からない場合は、
下記の動画や動画の説明欄を参考にしてみてください。


残りの摂取カロリーで糖質を摂取

hakumai

筋肉量を減らさずに体脂肪を一桁にするには、
先ほど説明したタンパク質と脂質、あとは、
ビタミン・ミネラルもしっかり摂っていく必要があります。

特に摂取カロリーを制限している時はビタミン類が不足
しがちなので、気をつけなければいけません。


で、上記の栄養素をしっかり摂った上で、まだ摂取カロリーに
余裕がある時・・・例えば1日で摂取できるカロリーが
1700カロリーだったとしてタンパク質、脂質、ビタミン・ミネラル
を摂った合計の摂取カロリーが1300カロリーだったとします。


この場合は、まだ400カロリー摂取できますよね。

その余剰分の400カロリーが糖質を摂取できるカロリーになります。


このように糖質というのは体脂肪率を下げる事を
目的にする場合、タンパク質など絶対摂るべき
栄養素のカロリーを計算して、余った
摂取カロリーから摂っていくことをおすすめします。

何故なら、糖質は体脂肪を減らしたり、体脂肪を
一桁にしたりするのにたくさん必要ではないからです。


この『たくさん必要ではない』というのがポイントです。

糖質は完全にカットしてしまうと、長い目で見た場合、
体脂肪を減らしにくくなる可能性が高いです。


一時的に糖質を完全にカットするのは有効な方法です。

いわゆるケトン体ダイエットですね。


詳しい事は下記の記事を参考にしてください。

ケトン体ダイエットの食事方法を具体的に書いてみました


ケトン体ダイエットは、やる人によってはリバウンドの
可能性も高くなるので、なるべくならやらないほうがいいですね。


あなたが誰のアドバイスも必要なく、誰の助けも借りず、
自分で食事を自由にコントロールできるのであれば、
ケトン体ダイエットはやっても良いと思います。

体脂肪を一桁にする方法としては有効な方法です。


以上が体脂肪を一桁にしていくために
気をつける食事のポイントです。


また、三大栄養素などで、

「どんなものを食べていったらいいのか?」

という疑問には下記の記事が参考になると思います。

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を減らす食事ではビタミン・ミネラル、食物繊維も必要です


運動

筋トレを中心にしてやっていくほうが
体脂肪を一桁にしやすいです。

どうしても筋トレが苦手な場合は、ランニングやバイク、
ダンスやインターバルトレーニングをやっていきましょう。

スポンサーリンク
 

筋トレ

kinntore2

出来れば、細かく部位を分けて
トレーニングの頻度を増やすことをおすすめします。

週3回~5回くらいはやっていったほうがいいでしょう。

1回のトレーニングは最低30分、多くて1時間ですね。


手っ取り早く体脂肪率を減らして一桁にしたいのであれば、
大きい筋肉(脚・背中・胸)のトレーニングを中心に
やっていくことをおすすめします。


特に脚のトレーニングは体脂肪率を下げるのに
とても有効なトレーニングなので必ず取り入れましょう。

トレーニングに関しては下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します


セット数も増やしてインターバルも短めにすることで、
筋トレ中も体脂肪燃焼を促します。


出来れば、筋トレ後に有酸素を30分ほどやりましょう。

この方法が体脂肪を一桁にする方法としてはベストだと思います。


あと、減量中は筋トレをしているのに筋肉を減らしてしまう事が
起こりやすいので、そうならない為にも筋トレ前や筋トレ中は、
BCAA(アミノ酸)を摂っていくのも有効な方法だと思います。

※BCAA(アミノ酸)の詳細に関しては後程説明致します。


有酸素運動

yuusannso2

ジョギングだけで体脂肪率を一桁にするのは結構
難しいですが、もしやるなら週4、5回はやっていきましょう。

出来れば、30分~1時間位は走ったほうが良いと思います。


フィットネスクラブでエアロバイクをするのも
良いと思いますが、飽きる可能性が高いので、自転車を
購入してサイクリングをした方がいいかもしれません。

ただし、サイクリングは結構時間をかけて
やっていかないと体脂肪を一桁にするのは
難しいと思います・・・出来なくはないと思いますが。


また、ダンスが出来るアイテム(DVDなど)を
購入して毎日やるのも楽しめながら出来るので、
人によっては良いのではないでしょうか。

ただ、このダンスも体脂肪を一桁にするのには
人にもよりますが、時間がかかると思います。


最後に紹介するのはインターバルトレーニングです。

もしやるならインターバルトレーニングよりも運動強度が高い
タバタ式インターバルをやったほうが効果は高いと思います。


1回4分で終わるのがタバタ式インターバルの
特徴ですが、1セットやるだけで体脂肪率を一桁にするのは難しいので、
1日2、3セットくらいやっていくのが良いのではないでしょうか。

2、3セットを週3~5回ほどやるのが良いかな、って思います。


タバタ式インターバルは、かなり運動強度が高いので、
最後のセットまでまともに出来ないかもしれませんが、
ペースは落ちてもいいのでやっていきましょう。

体脂肪を一桁にする有酸素運動系の中では
かなり効果が高い運動だと思います。


タバタ式インターバルの方法については
下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げる、といわれるトレーニング・タバタ式とは?


サプリメントを活用する

食事や筋トレ、疲労を溜めないような調整をするだけでも体脂肪率を
一桁にする事は可能ですが、効率よく体脂肪率を減らしたい場合は、
サプリメントを活用していく事も頭に入れておいた方が良いと思います。


という事で、ここからは筋肥大や筋肉の分解抑制、
脂肪燃焼効果もあるサプリメントを紹介していこうと思います。


BCAA

DSC_0354

まず、筋肥大や筋肉の分解を抑制するのに効果を発揮するのがBCAAです。


体脂肪率を一桁にする時には、消費カロリーよりも摂取カロリーが
少なくなる為、特に筋トレ中はエネルギー不足になりがちになります。

そこで、BCAAを摂取することで筋肥大を促しながらも筋肉の分解を
抑制して、減量中でもなるべく筋肉が減らないように働きかけます。



つまり、BCAAはなるべく筋肉量を維持して
体脂肪だけを減らしやすいサプリメントだという事です。

BCAAの詳細はこちらをクリック


BCAAについて更に詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します


HMB

hmboputi

HMBは、ここ最近になって名前が浸透してきたサプリメントで
実はこのHMB・・・先程説明したBCAAに含まれているロイシンが
代謝された物質なのです。
(ロイシンは、筋肥大に1番重要な必須アミノ酸です)


簡単に説明すると、HMBはロイシンが代謝された物質なので、
ロイシンと同じ効果(筋肉の分解抑制や脂肪燃焼)があるのですが、
HMBはロイシンを沢山摂取しても少量しか生成されない成分です。


そして、筋肉の分解抑制や脂肪燃焼効果に加えて
筋肥大の効果が高いと言われているサプリメントなのです。

(ただし、値段が割高だったり・・・などのデメリットもありますが)

HMBの詳細はこちらをクリック


HMBについて更に詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?


DCCディープチェンジクレアチン

dhiipu

このDCCディープチェンジクレアチンは、先ほど紹介した2つの
成分(BCAAとHMB)に加えて、クレアチンなど筋肉をつける事に特化した
成分と、脂肪燃焼を促す成分を配合したオールインワンのサプリメントです。


ただ、オールインワンのサプリメントだけに今までBCAAやHMB、
クレアチンなどを単体で飲んできた人にはあまり効果は無いと思います。


しかし・・・

もしあなたが、今までこれらのサプリメントを飲んだ事が無い場合は、
DCCディープチェンジクレアチンを活用しながら筋トレをする事で、
筋肉量を維持しながらお腹周りの脂肪を落とせる可能性があります。

DCCディープチェンジクレアチンの公式サイトはこちらをクリック


DCCディープチェンジクレアチンを購入して試した時の事を
記事にしてあるので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

DCCディープチェンジクレアチンというサプリを試してみた


Lカルニチン

karunintinn

Lカルニチンは、脂肪燃焼に特化されたサプリメントとして有名なので、
もしかしたらあなたも知っているかもしれませんが、1つ注意点としては、

『運動をしていない人が摂取してもほとんど脂肪燃焼効果が無い』

という事です。

まあ、これから体脂肪率を一桁にしたいと思っているあなたが
筋トレや有酸素運動をしないことは無いと思いますが・・・。


逆にしっかり運動する人には体脂肪率を減らす効果がある、
というのは、今までの研究結果で明らかになっているので、
そういう人ならおすすめできるサプリと言えるでしょう。


Lカルニチンの詳細はこちら


Lカルニチンについて更に詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法


まとめ

まず自分の体重や体脂肪率、除脂肪体重を知りましょう。

計算の仕方は、この記事の冒頭で説明しています。


それから自分の摂取すべき摂取カロリーを
把握して、その中で体脂肪率を下げるために
最適な食べ物を選んで食べていきましょう。

食べるべきものは、先程説明したのでそれをご覧になってください。


体脂肪率を減らす、という行為は究極な話、
食事制限だけで出来ます。(難しいですけど)


逆に言うと、運動だけでは体脂肪率を一桁に
することはまず出来ない、という事です。


食事内容と食事量がしっかり出来ていて、運動を加える事に
よって最短最速で体脂肪率を一桁にすることが出来ます。

その運動に関しては、筋トレを導入していったほうが体脂肪率を減らしやすいです。


ジョギングやサイクリング、ダンスやインターバルトレーニングも
体脂肪率を一桁にする事は出来ますが、最短最速で結果を出したいのなら
筋トレを一緒にやっていくことをおすすめします。


あと、サプリメントも利用する事で、より一層効率的に
体脂肪率を減らすことが出来ると思いますよ。
(もちろん、私も効果があったサプリメントはフル活用していますから)


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ショッピングカートでプロモコード GET10 を
入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で更に10%OFF
(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ