ビタミンCは筋肉をつけるのに効果がある?1日の摂取量は?

この記事の所要時間: 641

私は以前、ビタミンCが筋肉をつけるのに効果がある、
という話を聞いた時に「嘘でしょ」と思った記憶があります。


しかし・・・

実は、ビタミンCは体内で筋肉の合成に関わっているのです。
(以前、優秀なトレーナーに詳しく教えてもらいました)

ビタミンCの効果

ビタミンCと言えば、抗酸化作用や美肌効果、アンチエイジングの
効果があるのが有名ですが、他にもコラーゲンの体内生成だったり、
タンパク質の利用効率を高めたりする効果があります。
(ビタミンCは、別名アスコルビン酸とも言われています)

つまり、しっかりビタミンCを摂取すれば、摂取する前に
比べて筋肉がつきやすくなる可能性が高い、という事です。


また、ビタミンCはストレスの軽減にも効果を発揮して、筋肉の大敵、
コルチゾール(ストレスホルモン)を抑えてくれるので、普段からストレスを
感じやすい人や、筋トレをしている人には効果を発揮しやすいと言えます。


更に体内にビタミンCを沢山蓄えている人は、ビタミンC少ない人に
比べて運動中の脂肪が燃焼する割合が高い、というデータがあります。

なので、ビタミンCはダイエット(減量)をしている人にもおすすめ。


ビタミンCを含むおすすめの食べ物

kiui

ビタミンCは、主に野菜や果物から摂っていくのが一般的です。


おすすめの食べ物は、

  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー
  • ゴーヤ
  • ジャガイモ

このあたりでしょうか。


これらの食べ物を毎日定期的に食べていくと良いでしょう。

朝食で果物、昼食や夕食で野菜を食べてビタミンCを
補給するのが普段の食生活に取り入れやすいと思います。


ビタミンCの1日摂取量とタイミング

ビタミンCは、1日に1000㎎前後摂取するのが良いとされています。

ただ、この目安量は運動習慣の無い人に対しての数値で、
筋トレをしている人は1000㎎以上摂取していっても良いでしょう。
(実際、私は1日に3000㎎程摂取しています)


また、ビタミンCはなるべく1度に沢山摂取するのではなく、
1日を通してこまめに摂取していくことが大切です。

何故なら、ビタミンCは水溶性のビタミンなので、
利用されなかった分は体外にすぐ排出されてしまうからです。


それに、ビタミンCは食事と一緒、あるいは食後に摂取したほうが
吸収率が上がるので、このタイミングで摂るのがおすすめです。


ビタミンCはサプリメントで不足分を摂取

dokutaazu

先程、ビタミンCは1日に1000㎎前後摂取するのが良いですよ、
という話をしましたが、食べ物から1日分のビタミンCを
摂取できる人は良いですが、それはかなり難しいと思います。

これは、食べ物のビタミンCの含有量を調べてみれば分かりますから。
(かなり沢山食べないと、1000㎎摂れないと思います)


そこで、出番なのがビタミンCのサプリメントです。


ただし・・・

サプリメントの中には、ほとんどビタミンCが含有されていない製品を
売っている粗悪なメーカーもあるので、そこは避けたいところです。


私が色々と調べた結果、しっかりビタミンCの含有量が
表記に近い量が含まれていて、信頼できるメーカーは、

  • California Gold Nutrition(カリフォルニアゴールドニュートリション)
  • Doctor’s Best(ドクターズベスト)
  • Now Foods(ナウフーズ)
  • Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)

この4つです。


「えっ、海外のメーカーが良いの?」

と思うかもしれませんが、正直日本のメーカーの
ビタミンCのサプリは、表記に対して含有量が少ない製品も
実際ありますし、ちゃんとしたモノは高価な場合が多いです。

※よくドラッグストアで販売されている某大手メーカーの
サプリは、含有量がほとんど無いと言われています(苦笑)


その点、紹介した4つの海外メーカーのビタミンCのサプリは、
含有量もメーカーとしての信頼性もかなり高いと思います。
(私は色々と調べた結果、そう判断しました)


という事で、私も飲んでいるビタミンCのサプリに
興味がある場合は、下記のリンクから詳細を確認してみてください。

California Gold Nutrition(カリフォルニアゴールドニュートリション)のビタミンCの詳細はこちら

Doctor’s Best(ドクターズベスト)のビタミンCの詳細はこちら

Now Foods(ナウフーズ)のビタミンCの詳細はこちら

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)のビタミンCの詳細はこちら


現在私が飲んでいるビタミンC

bitaminnsii

ちなみに現在私が飲んでいるのは、Now Foods(ナウフーズ)社の
ビタミンCで、次回はNature’s Way(ネイチャーズウェイ)社か、
California Gold Nutrition(カリフォルニアゴールドニュートリション)の
ビタミンCを購入してみようかな、と思っています。

※私は、今のところ、1日で3000㎎(食事後に1000㎎を3回)摂取しています。


1粒はこんな感じで結構大きいです(10円玉と比較)

mitame


私は全然平気でしたが、中には飲み込めなくて、
2つに割って飲んでいる人もいるそうです。


まとめ

ビタミンCはコラーゲンの体内生成だったり、タンパク質合成に
関わったり・・・など、筋肉をつけるのに関係してくる栄養素です。


特に普段からストレスを感じている人や、筋トレをガッツリやって
いるような人には、摂取をおすすめしたい栄養素と言えるでしょう。


また、ビタミンCを普段からしっかり摂っている人は、
運動中の脂肪が燃焼する割合が高い、というデータもあるので、
ダイエット(減量)をする人にもおすすめしたいところ。


そんなビタミンC・・・・

なるべく食品から摂取していくのがおすすめですが、
推薦量である1日1000㎎(筋トレをしている人ならそれ以上)を
食品だけで摂取していくのはかなり難しいかもしれません。

そういう場合は、不足分をサプリメントで摂取していくのがおすすめ。


ビタミンCのおすすめのメーカーや商品に関しては、
下記のリンクから詳細を確認してみてください。

California Gold Nutrition(カリフォルニアゴールドニュートリション)のビタミンCの詳細はこちら

Doctor’s Best(ドクターズベスト)のビタミンCの詳細はこちら

Now Foods(ナウフーズ)のビタミンCの詳細はこちら

Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)のビタミンCの詳細はこちら


あと、風邪を引きかけの時や、風邪を引きそうだな、
と思った時は、食品とサプリメントで多めにビタミンCを
摂取すると、風邪が回復しやすいので試してみてください。
(目安量は人によりますが、5000㎎以上摂取しても良いと思います)

実際、私も今まで喉の調子が悪かったり、痛くなりそうな前兆が
あったりした日に5000㎎ほど摂取すると、翌日には良くなっています。


この記事が参考になれば幸いです。



※今回ビタミンCのサプリメントを紹介したサイト、
アイハーブについては、下にスクロールしてもらって、

『iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?』

という記事で詳しいことを書いているので良かったら参考にしてみてください。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ショッピングカートでプロモコード GET10 を
入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で更に10%OFF
(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ