炭水化物を控えるダイエットはタンパク質以外もしっかり摂ろう

この記事の所要時間: 444

最近は、炭水化物を控えるダイエットが女性や
男性の間にも流行っていて、その際はタンパク質を
しっかり摂る事が大事だと言われています。


もちろん、それは間違いではないのですが、
タンパク質以外もしっかり摂らないと上手にダイエット
出来ないですよ、という話を今回はしようと思います。


炭水化物を控えるダイエットは、低炭水化物ダイエットとか、
糖質制限ダイエットとか言われています。
そして、このダイエットは誰が実践しても効果が高いです。

効果は高いですが、何も考えずに炭水化物を控えるのと
炭水化物を控えながら他に食べる物をしっかり考えた
ダイエットでは後々の効果が全然違ってきます。

タンパク質をしっかり摂るのは当たり前

madamayaki

基礎代謝を落とさないために筋肉量を減らさない事が大切だ、
というのは誰もが知っていることだと思います。


そして、筋肉の材料になるのはタンパク質なので、
ダイエット中でもしっかり摂るのは当たり前ですね。


で、どれだけ摂取したらいいのか?という事も
色々なところで言われていますが、だいたい

体重1キロあたり1.5~2gくらいは摂ったほうが良いと言われています


これは、間違ってはいないと思います。

場合よっては体重1キロあたり3g摂った良い場合もあります。


筋肉をつけていくためにはタンパク質と炭水化物を
しっかり摂ることが大切ですが、ダイエットする時には
炭水化物を控えつつタンパク質をしっかり摂ることが大切です。

何故なら・・・


今ある筋肉量を少しでも減らさないためだからですね。


しかし、タンパク質をしっかり摂ってもそのタンパク質が
しっかり筋肉として合成してくれないとせっかく摂った
タンパク質が体外に排出されてしまいます。

そうならないようにタンパク質が筋肉に合成しやすい
環境を作ってくれるのがこれから説明する栄養素です。


ビタミン・ミネラルがないと筋肉は作られにくい

banana2

そう、炭水化物を控えてタンパク質だけをしっかり
摂ってもそのタンパク質が筋肉として合成して
筋肉量を維持しにくくなってしまいます。

そこで、重要になってくる栄養素がビタミンとミネラルです。


特にビタミンB6が不足した状態でたくさんタンパク質を
摂っても筋肉として合成しにくいので、タンパク質を
摂る際はビタミンB6も一緒に摂っていくことが大切です。

マグロやカツオなどの魚、鶏肉などのタンパク質
自体にもビタミンB6は含まれていますが、
にんにくやバナナなどにもビタミンB6は
含まれているので積極的に摂っていくことが大切です。

スポンサーリンク
 

また、他のビタミンやミネラルに関してもダイエット
していく際には必要な栄養素になっていくので、
毎日少しずつ摂っていく事が大切になってきますよ。


ビタミン・ミネラルに関しては下記の記事で
詳しく書いてあるので良かったら参考にしてください

体脂肪率を減らす食事ではビタミン・ミネラル、食物繊維も必要です


良質な資質が体脂肪を燃やす

syake

炭水化物を控えるダイエットをしていく時、
一緒に脂質をどんどん減らしていく人が
多いですが、あまり脂質を減らしすぎると
逆に体脂肪が減りにくくなる場合があります。


これは、よくやる間違いですね。

私も以前この失敗はしています。

体脂肪を減らしたいばっかりに頑張って脂質も
減らしていたのですが、途中から落ちなくなって
しまい、体調もあまり優れなくなったというか、
元気がなくなったというか、そんな感じでした。


これは、ホルモンの関係があります。

脂質を減らしすぎると筋肉を作ったり維持したりする
役割を持つテストステロン(別名男性ホルモン)
が減ってしまって筋肉が減りやすくなってしまいます。

ですので、ある程度は脂質を摂ることが大切なのです。


という事で、下記の記事にも脂質でおすすめの
食材を紹介しているので良かったら参考にしてください。

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します


まとめ

炭水化物を控えるダイエットは女性も男性もタンパク質を
しっかり摂る、という事だけに意識が行きがちです。

それだけだと、体脂肪も落ちにくくなりますし、
健康的にもあまり良くありません。


タンパク質をしっかり摂りつつ、出来れば毎食で
ビタミン・ミネラル、そして少量の脂質も摂って
いけるように食事メニューを組み立ててみてください。

朝、昼、夜、すべての食事でそれをやるのは難しいと
思うので、せめて朝と夜だけでも家で自炊を心がけて、
その中で上手に栄養のコントロールをしていきましょう。


体脂肪の少ない引き締まった体型を維持していくためには
空腹感もなく、ずっと続けられる健康的な食事メニューを
組んで実践していくことが大切です。


また、食事で気をつけるポイントなどもいくつかあるので、
それについては下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げる食事で気をつけるべき3つのポイントとは?


あと、炭水化物を控えるダイエットも週に1回くらい
休んで、その日は炭水化物を少し多めに摂取していくことも
体型維持や健康には大切だと思いますよ。



この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■マッスルテックの製品(プロテイン等)が15%OFF(日本時間で11月23日午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

メールマガジン

理想の体型と、理想のライフスタイル。

この2つを自由にコントロールして、人生を楽しむ方法を情報発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ