体脂肪率を下げる食事で気をつけるべき3つのポイントとは?

この記事の所要時間: 550

体脂肪率を下げる為には食事を上手にコントロール
することが非常に大切になってきます。


体脂肪を減らすには他にも運動を取り入れたり生活習慣を
正したりする事も大切なのですが、食事が疎かだと
体脂肪を減らすことはなかなか出来ません。

その事はこちらの記事でも書いていますが、じゃあ
いったいどのような食事をしていけば効率的に体脂肪率を
減らし、理想の体型に近づき、また健康診断にも
引っかからないような体を手に入れることができるのでしょうか?


それを解決するには食事をしていく時に
3つの事に気をつける必要があります。

順番に説明していきましょう。

摂取カロリーと消費カロリーのバランス

barannsu

まず、ここが出来ていないとこれからお話することを
頑張っても体脂肪率は一向に下がらないでしょう。


必ず摂取カロリーを消費カロリーよりも
少なく設定していく事が大切です。


もし、あなたが1日2500カロリー摂取していたとして、
体重維持をしていたとしましょう。

そこから体脂肪を減らしていきたいのであれば、
必ず2500カロリーよりも低い摂取カロリーで
生活していく必要があります。


まあ、ここは多分あなたも分かっていると思うので、これ以上
説明しませんが、とにかく摂取カロリーは消費カロリーよりも
低くすることで体脂肪率を下げていくことが出来ます。


食事内容

食事内容というのは何を食べるか?という事です。

karorii

人間の体は食べたもので出来ているので、当然
食べるもの(もちろん量も関係しますが)で
どういう体になるのか?が決まってきます。


例えば、先ほどの話と同じ設定で2500カロリーで
体重維持していた人がいたとして体脂肪を減らすために
毎日2000カロリーで生活する事になったとします。


一方は、とにかく摂取カロリーさえ守ればいい、
と思って好きなモノ(ジャンクフードや甘いものなど)を
2000カロリー分食べます。

もう一方は、未精製の穀物(玄米やライ麦パンなど)と
脂質の少ない肉や魚、豆類、野菜や、きのこ、海藻類、
果物などバランス良いメニューで2000カロリー分を食べます。


さて、結果はどうなったでしょうか?


結論から言えば、両方とも体重は減りました。

ただ、体重は減ったけど体脂肪率はどうか?
というと後者(バランス良い食事をしていた人)
の方が体脂肪率が下がっているはずです。

何故なら・・・


ジャンクフードに入っている成分は、
体脂肪の燃焼を邪魔する物が沢山入っているからです。
(ここの説明はまた今度します)



そして、もう1つの理由がジャンクフードなどは
血糖値が上がりやすい単糖類を使った食べ物が多いため、
結果的に脂肪を燃やしにくくなりやすいのです。


逆に未精製の穀物などバランス良い食事を摂ったほうが
血糖値も上がりにくく、また糖質などもある程度
制限していけば、食事誘発性熱産生も上がって
体脂肪が更に減りやすい環境になります。
(食事誘発性熱産生についてはまた記事にします。)


つまり、摂取カロリーは同じでも食事内容が違うだけで、
体脂肪が燃焼しにくくなったり、しやすくなったりするんですね。

スポンサーリンク
 

食べるタイミング

この食べるタイミングについては、めちゃめちゃ
重要ではないですが、ある程度守っていただくほうが
効率よく体脂肪率は下がると思います。

taiminngu

まず、出来ればやっていただきたいのが

『3~5時間の間に1度は口に中に食べ物を入れる』

という事です。


よくダイエットのブログやホームページなどで

『定期的に体に栄養を送ったほうが
脂肪を溜め込みにくい体になりますよ』

ていう記事を見かけますが、私が言いたいのもその事です。


出来れば、食事を5回位に分けて食べるものも毎回
色々な栄養素を少しずつ摂っていくのが理想です。


ただ、こんな事出来る人は稀なので最低でも3食は
きっちり摂ってもらってあとはおやつ代わりに少量
食べ物を口に入れられると良いと思います。
(食べるものについてもまた詳しく記事にします)


あと、就寝前の食事のことですが、

「就寝3時間前までに食事は済ませましょう」

って、よく言いますよね。


これ、決して間違ってはいないのですが、人によっては
仕事が終わり、家に帰宅して食事をしてから3時間も空けてたら

「寝る時間が無くなっちゃんですけど」

という場合があると思います。

ですので、こういう場合は気にしないで食事をして就寝しましょう。

ここでは睡眠をしっかり取る方が大切になってきます。


まとめ

何よりも今回覚えておいて欲しいのは、

『摂取カロリーは必ず消費カロリーよりも低くする』

という事です。

当たり前のことですが、これを守れていないから
体脂肪が減らない、という事になります。


あと、基礎代謝量というのはいつも一緒ではないので、
そこは気をつけておかないと今までと同じ食事量でも
太っていってしまうことがあるので注意が必要です。


また、食事内容の話もチラッとしましたが、食事の
中身というのもかなり重要なポイントになってきます。

あなたがただ痩せたいだけではなく、理想の体型を
目指しているのであれば、食事内容をよく考えていく必要がありますよ。


そして、食事のタイミングですね。

ここもしっかりと守っていただくほうがより効率的に
そして高い確率で理想の体型に近づくことが出来ます。

しかし、仕事や学校など状況によって食事回数を増やしたり
就寝前の食事を早くしたりするのは難しいと思うので、
ここは出来る範囲でやっていくことをおすすめします。


ここでストレスを溜めると余計に良くないですから。
(ストレスは体脂肪の燃焼を阻害します)



さて、今回は体脂肪率を下げる食事で気をつけるべき3つのポイント
についてお話してきましたが、ちょっと話が抽象的だったと思います。

ですので、次回からはもっと細かく具体的に
体脂肪の落とし方を記事にしていこうと思います。


それではまた。



■追記

何を食べたら良いのか?おすすめの食べ物について
記事にしたので、良かったら参考にしてみてください。

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を減らす食事ではビタミン・ミネラル、食物繊維も必要です

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します


体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ