太りやすい食べ物ランキング・これを食べると全てが無駄になる

この記事の所要時間: 624

世の中には食べれば簡単に太りやすい食べ物が存在します。
存在しなくても良いのに存在します(笑)

という事で、今回は太りやすい食べ物を
ランキング形式で紹介します。

太りやすい食べ物ランキング

keeki2


【第5位】清涼飲料水

清涼飲料水は別名で何と言われているか知っていますか?

それは・・・・「砂糖水」です

そのままです。


清涼飲料水の栄養成分表示を見てもらえば
分かりますが、「果糖ブドウ糖液糖」と書いて
あったらそれはジュースではなく砂糖水です。

つまり、飲めば飲むだけ太る水って事です。


特に炭酸飲料は砂糖に換算すると相当の量が
入っているので、気をつけていきたいところです。


あと、最近ではカロリーゼロの炭酸飲料で甘味料が
使われているモノでも太ると言われている(血糖値が上がる?)
ので、気をつけたほうがいいかもしれません。


カロリーゼロで甘いモノを飲みたいのであれば、甘味料の入っていない
自然の甘み成分を使用した飲み物を飲んだほうが太りにくいと思いますよ。

最近では、美甘麗茶(ビカンレイチャ)というモデルの宮城舞さんが
プロデュースしたゼロカロリーでノンシュガー、ノンカフェインの
ダイエットティー(甘いお茶)が人気があるようです。


詳しい成分や効果、口コミ等は下記の公式サイトから詳細を確認してみてください。
(下記のリンクや画像をクリック、またはタップ)

美甘麗茶(ビカンレイチャ)の公式サイトはこちらをクリック




また、○○ラテなど、コーヒーショップで売られている
あま~い感じの飲み物は半端無くカロリーが高い場合があるので、
飲み過ぎると太る、という事も頭に入れておきましょう。


【第4位】揚げ物全般

唐揚げ、天ぷらなど揚げてある食べ物は、
全て太りやすい食べ物だと思ってもらって結構です。


元々揚げる油というのは人間の体に何もメリットは生みません。

出来るかぎり摂らないほうが良いと思いますが、
生きていく上でそれはまず無理なので、せめて
素揚げで食べるようにした方が良いと思います。

その方が、まだ太りにくいです。


そして小麦粉やパン粉、天ぷら粉の成分のほとんどは糖質です。

つまり、唐揚げや天ぷらは、

糖質+脂質(揚げ油)=太りやすい食べ物

だという事です。


揚げ物をおかずにしてご飯(白米)を食べる、という行為は
「私は、これから太ります」と宣言しているようなものです。

なので、なるべく揚げ物は週に1回とか、2回とか決めて、
食べる頻度を減らしていったほうが太りにくくなりますよ。


【第3位】ラーメン&チャーハン

raamenn

糖質+脂質+塩分という人間を太らす為に
生まれた、といっても過言ではない食べ物が
ラーメン&チャーハンのコンビ飯です。


これ、毎日昼食と夕食で1週間食べてみてください。

簡単に太れると思いますよ。美味しいですけど(笑)


チャーハンも太りやすいですが、ラーメンの
スープは塩分が半端無くあるので、全て飲んだ翌日は
これまた半端無く体が浮腫んでいると思います。


塩分を摂り過ぎると、水分も脂肪も溜め込みやすく
なるので、ラーメンのスープは飲んだとしても
2、3口ぐらいにしておいたほうが無難だと思います。

にしても、ラーメン&チャーハンのコンビ飯は、
チートデイの日以外は、食べるのを控えたほうが良さそうです。


【第2位】菓子パン

菓子パン1個で400カロリー500カロリーは当たり前・・・
下手したら1個で1000カロリー近い菓子パンもあります。

でも、菓子パンって1個じゃなんか物足りなくて、
2個とか結構平気で食べれてしまうものです。


そして、この砂糖+脂を足した食べ物、
菓子パンは食べても少し時間が経ったら
すぐお腹が減ってくる事が多いです、

何故なら、急激に血糖値が上がって、急激に血糖値が下がってすぐ
お腹が空いた感覚になりやすいので、たくさん食べれてしまうのです。


また、菓子パンはトランス脂肪酸も大量に入って
いる事が多く、体に良いことは何1つ無いので、一切
食べないほうが良いのですが、それは無理(私も無理)
なので、食べる頻度を下げる事をおすすめします。

菓子パンも毎日朝食と昼食で2個ずつ食べて1週間
過ごしてみてください。多分簡単に太れますよ(笑)

スポンサーリンク
 

【第1位】洋菓子

そして、第1位が洋菓子です。


洋菓子は、菓子パンと中身(成分)がそんなに
変わらないのでもう説明しませんが、この洋菓子全般も
砂糖+脂で出来た食べ物なので太りやすい食べ物です。


そして、食べても満腹感が得られにくく、例えばケーキバイキングなんて
行った日には人によっては何個も食べれるのではないでしょうか。


このように洋菓子のような砂糖で出来た食べ物は、
基本的に中毒性が高い(依存性あり)ので、
食べ過ぎには気をつけていきましょう。


ここらで食べる頻度を減らしたほうが良い洋菓子類を紹介しておきます。


・ケーキ

・ドーナツ

・シュークリーム

・ワッフル

・タルト

・バームクーヘン

・マドレーヌ

・アイスクリーム


これらは、砂糖+脂が入った食べ物で、更に食べても
お腹に満足感が得られにくい食べ物なので気をつけましょう。


まとめ

さて、太りやすい食べ物ランキングはいかがだったでしょうか。


まあ、言われてみれば誰でも太りやすい食べ物だと
認識しているモノを紹介しましたが、結局太りやすいと知って
いても、つい食べてしまうのが人間という生き物だと思います。

ですので、そう簡単に食べる癖は治せないと思いますが、
もしあなたが少しでも痩せようと思っているのなら、今回紹介した
食べ物を減らす努力をしてみることをおすすめします。

毎日の積み重ねが少しずつ体型を変えると思いますよ。


結局太りやすい食べ物というのは一言でいうと、
糖質+脂質を含んた食べ物なので、それらの食べ物を
なるべく食べないようにすれば太りにくい、という事です。



それを頭では理解しているけどどうしても太りやすい
食べ物をついつい食べてしまう、という人は、自分が
毎日食べている物をメモして後で見てみると良いですよ。

客観的に自分を見ることが出来ますから。



逆に太りにくい食べ物といえば、タンパク質を多く含んだ食品で、
その中でも脂質の少ないタンパク質食品がおすすめです。

詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します


もしあなたが、太りやすい食べ物で甘いモノが好きな場合は、
甘い味のプロテインを飲んでいくと、太りにくくなる可能性があるので、
良かったらこちらの記事も参考にしてみてください。

減量する時のプロテイン飲み方と3つの注意点とは?


甘いモノの代わりにプロテインバーを食べる、という方法もおすすめです。
詳しいことは下記の記事を参考にしてみてください。

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
 

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブのセール情報

■初回購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■スポーツサプリメントの製品(オプチマムのゴールドスタンダードプロテイン等)が10%OFF(日本時間で2月23日(木)午前3時終了)

スポーツサプリメントカテゴリーはこちらをクリック

■Dymatize Nutritionの製品(プロテイン等)が10%OFF(日本時間で2月23日(木)午前3時終了)

アイハーブのセール情報はこちらをクリック

マイプロテインのセール情報

■全てのチョコレート商品が全品30%OFF

■当ブログ限定・以下の割引コード使用で全品30%OFF

・割引コードは OSUSUME30 です

・更に12000円以上ご購入いただいたお客様へマイプロテイン½ガロンハイドレーターを無料プレゼント

マイプロテインのセール情報はこちらをクリック

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからシェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツなどを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ