夏太りの原因と対策を5つ挙げてみました

この記事の所要時間: 713

夏太り原因って何だか分かりますか?

夏太りをしない為の対策ってどういう事を
したら良いのか知っていますか?

という疑問を解決するために今回は、
その夏太りの原因と対策を5つあげみました。

夏太りの原因と対策【1】

内蔵を冷やす

kakigoori

まず1つ目に挙げる夏太りの原因は、

『内蔵を冷やす』って事です。


あなたは、夏になると冷たいものを好んで食べていませんか?例えば、

・冷たい麺類(うどん、ソバ、パスタなど)

・アイスクリーム

・冷えたスイーツ

・冷えた清涼飲料水(糖類の多いジュース)


これらの食べ物はみんな夏太りの原因です。


冷たい食べ物や飲み物を摂取すると、
内蔵を冷やして代謝を下げやすくします。


そして、内臓は冷やされることによって、内蔵自体が
「これ以上冷やされたらヤバイ」と思い、体が
内蔵周りを暖めるために脂肪をつけようとします。

こうしてお腹周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。

なので、

『内蔵を冷やす=お腹周りに脂肪がつきやすくなる』

という事を頭に入れておきましょう。


「じゃあ、そうならない為の対策はどうしたらいいの?」

って事ですが、逆のことをやればいいだけですね。


温かい食べ物を選んで食べる

それは、『温かい食べ物を選んで食べる』って事です。


夏でも冷たい食べ物はなるべく控えるようにしましょう。

・温かい麺類やスープ

・体を温める食材が入っている食べ物(ショウガなど)

・常温、もしくは温かい飲み物(水、お茶、コーヒー)

冷たい食べ物を一切排除するのは難しいと思いますので、
週に1回とか2回とか決めて食べるのが良いと思います。


あと、冷たい食べ物を食べる場合、出来れば
代謝の上がりやすい昼間に食べるのがおすすめです。


夏太りの原因と対策【2】

偏った食事をしている

あなたは、夏だからといって偏った食事をしていませんか?


・昼は冷たいうどんだけ食べる

・お菓子を食事代わりにする

・カップ麺とご飯だけで食事を済ます

・ダイエット中だからタンパク質だけ摂る

偏った食事内容は、代謝を下げる原因にも
なりますし、筋肉を減らす原因にもなります。


摂取カロリーだけをしっかり摂っていてもその中に体に必要な
栄養がなければ、太りやすい体質になりやすいのです。


栄養のある食事を摂る事を心がける

特に夏は冬より食欲が無くなる場合が多いので、その中でも
最低限の栄養を確保することが太らないための対策です。


じゃあどんな食事を摂ればいいのか?という事ですが、それは、

『三大栄養素+微量栄養素(ビタミン・ミネラル)
をあなたに必要な量だけ摂るようにする』

って事です。


毎食毎食きっちり食べる、という事ではありません。

たまに偏った食事になるのはしょうがないですが、極力食事を摂る時は、


・糖質(場合によって少なめ)

・タンパク質(しっかり摂る)

・脂質(少なめ)

・ビタミン・ミネラル(しっかり摂る)


これら全てを少しずつ摂れるような食事メニューを
考えて実践していって欲しいと思います。


食事の内容や食事量に関しては下記の記事を参考してください。

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

夏太りの原因と対策【3】

胃腸が弱っているのに食べる

あなたはよくこんな事を耳にしたことはありませんか?

「スタミナのあるモノを食べないとダメだよ」

って・・・。


でも、例えばお腹が減っていない状態や、便秘だったり
お腹が重かったりした時に「スタミナを付けないといけない」
と思い、頑張って食べたらどうなると思います?

『胃腸が余計に弱って代謝が落ちます』

そして、太りやすくなります。


つまり、こういう時は食べた食べ物がしっかり
栄養吸収しないので、食べたものが内蔵に負担をかけて、
内臓の働きが悪くなり、摂った食べ物をうまくエネルギーに
変換してくれなくなり、脂肪がつきやすくなります。

そういう時は・・・・

スポンサーリンク
 

何も食べない時間を作る

1日断食するか、もしくは半日(18時間くらい)
ほど断食して、胃腸の中を空っぽにする事です、。

もちろん、断食する時は水分はしっかり摂ってくださいね。


そうすると、胃腸が本来の動きを取り戻すようになり、食べた
食べ物をうまくエネルギーに変換しやすくしてくれるようになります。

スタミナの付く食べ物は、こうして胃腸の
働きが戻った時に食べるのが正解です。

しっかりと栄養を吸収してくれますから更に
元気になり、代謝も上がりやすくなります。


ただし、断食してから最初に摂る食事はいきなり
固形の食べ物をガッツリ食べるのはやめましょうね。

胃腸が荒れる原因になりますから。


夏太りの原因と対策【4】

睡眠をしっかり取っていない

睡眠不足は太る原因です。

まあ、これは夏に限ったことではないですが、
睡眠不足気味の人は、しっかり睡眠を取っている人に
較べて太っている人が多い、というデータがあります。


太る原因としては、長い間起きているので何かを食べて
しまう、というのもありますし、成長ホルモンが出て、
体脂肪を燃やしやすい時間(22時~2時くらい)に睡眠を
取っていない、という理由もあると言われています。

じゃあ、どうすれば良いのか?は分かりますよね。


しっかり睡眠を取る

人によって最適な睡眠時間は違ってきますが、
短眠でも大丈夫な人以外は、最低6時間くらいは
睡眠を取ったほうが良いと思います。


「夏は、暑くて寝れないんですけど・・・」

という場合は、エアコンをタイマー(1時間くらい)
にして、寝るなどの工夫をしていくと良いと思います。

朝までずっとエアコンつけるのは体が冷えて
しまうので、やめたほうが良いですよ。


夏太りの原因と対策【5】

汗をかかない環境にいる時間が長い

あなたは、仕事がずっと事務所の中で、エアコンが
ガンガンかかっているところで仕事をしていませんか?


事務職の女性の人の中で、膝に毛布をかけて仕事を
しているのをよく見かけますが、あの環境は
体が冷えて代謝も下がってしまうパターンですよ。

体温の調整機能が狂ってしまいます。


結果、体調が悪くなったり、代謝が落ちたり、
食欲が無くなったりしてしまいます。

そうなると、運動する元気も無くなり、ますます
太りやすくなる可能性が高くなっていく可能性が高いです。

そうならないように自分でなるべく対策をしましょう。


体を温める環境を作る

毎日どうしてもエアコンのきいた事務所で仕事を
しなければいけない場合は、エアコンの温度を上げて
もらうようにしたり、休憩時間はエアコンのついていない
場所にいったりして少し体を動かしたりしましょう。


また、自宅に帰ったらお風呂で半身浴を一定時間
(出来れば長めに)やるのも代謝を上げやすくなります。

その代わり、半身浴を長めにする時は、お風呂に
入る前に水分をしっかり摂っておきましょう。


あとは、風呂上がりにストレッチをやるのも
代謝を上げやすくするので、おすすめですよ。


ストレッチに関しては下記の記事を参考してください。

運動不足解消をしたいならまずストレッチをやるのはどうですか?


まとめ

さて、今回は夏太りの原因と対策を5つほど
挙げさせてもらいましたが、5つともやろうと
思えば、やれる内容なのではないでしょうか。


これ、全部やるとかなり夏太りの対策になると思いますよ。
というか、これ全部やるだけでもしかしたらあなたも
2、3キロくらいならダイエット出来ちゃうかもしれませんよ。

特に普段から不規則な生活習慣、食習慣が
身に付いている場合は、効果が高いかもしれません。
なので、よかったら試してみてくださいね。


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ