アナボリックの状態を増やしてカタボリックの状態を減らそう

いきなり題名からして言葉の意味が分からないかも
しれませんので、順番に説明していきましょう。

アナボリックとは?

kinnniku

日本語で言うと『同化作用』のことです


体作りに必要な栄養(タンパク質など)を
体内に補充している状態のことを

『アナボリックになっている』

と言います。

つまり、しっかり栄養が体内に行き届いている状態ですね。


また、体内の栄養があまり無い状態であっても
筋トレをのような負荷の強い運動をしている時は、
アナボリックの状態になるきっかけを作ります。
(筋トレ後に栄養をしっかり摂るとアナボリックになります)


カタボリックとは?

日本語で言うと『異化作用』のことです。


体内にエネルギーがあまり無い状態で、
そのエネルギーを作り出すために体内にある
糖質や脂質、タンパク質などを分解して
エネルギーに変えてしまう状況の事です。


まあ、簡単に言うとトレーニングをしていて
エネルギーが足りないから筋肉を構成している
タンパク質を分解してトレーニングするための
エネルギーを作り出している状況のことを

『カタボリックになっている』

と言います。

つまり、栄養不足の時はカタボリックになっている、と言えます。


また、有酸素運動をしている時は脂肪を
燃やすと同時に体内のエネルギーの状況によって
筋肉を削ろうとしているのでカタボリックになりやすいです。



ここまでの説明で分かることは、


・しっかり食べて栄養が満たされている時はアナボリック

・栄養不足の時はカタボリック(ダイエット中など)

・有酸素運動をしているときは、
カタボリックになりやすい状況を作り出す

・筋トレをしている時は、
アナボリックになりやすい状況を作り出す。


こんなところです。


つまり、しっかり食べて筋トレをしている時は、
アナボリックで問題ないけど、ダイエット(減量)の
時はカタボリックになって筋肉が減ってしまいやすくなる、
という事になりますが、実際はどうなのでしょうか?

これからそれをちょっと説明します。


ダイエット(減量)で有酸素運動をした状態は?

これは確実にカタボリックな状態になります。
食事も制限した状態、エネルギーの少ない状態で
有酸素運動をすると、脂肪燃焼の効果も高いですが、
一緒に筋肉も減りやすい状況になります。


ただし、このへんはどんな栄養をどれだけ摂っているか?
によって、カタボリックはカタボリックでも極端に
筋肉を減らしてしまう場合と、そうではない場合があります。

どちらにしても、ダイエット(減量)で有酸素運動をすると、
カタボリックになってしまうのは間違いありません。


ダイエット(減量)で筋トレをした状態は?

この質問に対しての回答は状況によって違ってきます。

極端に食事を制限していたり、トレーニング前など
栄養をしっかり摂っていなかったりすると、
筋トレをしてもカタボリックになりやすくなります。


筋トレするエネルギーを筋肉を分解して作る、という
悲惨なパターンにならないようにトレーニング前に
食事でエネルギーを補給したり、1日を通して
なるべく栄養のある食べ物を適度に食べることで、
筋トレによるカタボリックを最小限に抑えることが出来ます。


要するに、筋トレをする事でアナボリックの状態に
なりやすいのは間違いないので、ダイエット(減量)を
している時でも上手に栄養を摂取することで、
なるべく筋肉を減らさずに脂肪を減らすことが出来るというわけです。

スポンサーリンク
 

まとめ

今回の話で言えることは、ダイエット(減量)を
している時は、なるべくカタボリックの状態を最小限にして、
なるべくアナボリックの状態を多くしてあげることです。

そうする事で筋肉をなるべく減らさずに
体脂肪だけを落とすことが可能になってくるから。


ここで、

「じゃあ、有酸素運動はやらない方が良いの」

という疑問が浮かぶかもしれませんが、有酸素運動を
やらなくても筋トレと食事だけで体脂肪を
減らすことが出来る場合はやらなくても良いと思います。


ただ、脂肪を燃焼させやすい運動は有酸素運動です。

なので、ダイエット(減量)をする時に有酸素運動を
するとカタボリックになりやすいですが、早く
脂肪を落としたい人は有酸素運動もやっていくべきです。


筋肉もへりますが、ここは筋肉を減らすのを
最小限に留めるような工夫をしていくしかありません。


その為には、極端に食事量を減らしたり、栄養のない
食べ物(ジャンクフードやお菓子)を食べたりしないで
栄養のある食べ物だけを体重が増えない程度に食べていくことです。
(タンパク質はしっかり摂っていきましょう)

もちろん、人によって最適な栄養配分や
摂取量は違いますから自分の体の反応を見て、
試行錯誤していくことは大切ですよ。


ちなみに私は、あまり有酸素運動が
好きではないので、なるべく有酸素運動を
やらないで体脂肪を減らす工夫をしています。


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ(一部広告)
 

アイハーブのセール情報

■全商品が11%OFF・プロモコードは WCELEVEN です。(6月28日(木)午前2時まで)

■California Gold Nutritionのアミノ酸が10%OFF(6月28日(木)午前2時まで)

■マッスルファームの商品(プロテインやプロテインバーなど)が30%OFF(6月30日(土)まで)

■マッスルテックの商品(プロテインやクレアチンなど)が20%OFF(2018年12月31日(月)まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF(ゾロ目の日や、ゴールデンウィークなどのイベントは要チェック)

アイハーブの割引クーポンコード一覧

■新規購入の場合、クーポンコード RPV077 を利用することで、全商品が5%の割引を受ける事ができます。

■新規購入の場合、クーポンコード JP2018 を利用する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■上記2つのクーポンコードは併用出来るので、どちらのクーポンコードのリンク先から購入しでも、全商品5%の割引+10ドル割引になります。(上記の赤のバナー経由でも割引適用済み)

注文金額の5%がロイヤルティクレジットとして次回の注文で使用できます(使用期限は90日)

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

スポンサーリンク
 

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ