筋トレをする時は種目に合わせた呼吸法をするべし・理由は?

この記事の所要時間: 615

筋トレをする時の呼吸は結構大切。

何故なら、呼吸が正しく出来ていないと酸欠になったり、気持ち悪くなったりする可能性があるからです。


そこで今回は、筋トレをする時の呼吸法について言及していきたいと思います。

筋トレ全般に言える呼吸法は?



まず、どの種目にも言える筋トレの呼吸の基礎は、

  • 筋肉が収縮時(縮んだ時)に吐く
  • 筋肉が伸展時(伸びた時)に吸う

この2つです。


ほとんどの筋トレ種目は、この呼吸法でやっていけば問題ないでしょう。(種目によっては、一時的に呼吸を止める方法もあり)



ここからは、全部位の筋トレで代表的な種目の呼吸法についてザックリですが、解説していきましょう。


スクワット



多くの筋肉を動員する種目のスクワットは、体脂肪を減らすのにすごく効果的な種目なので、是非実践して欲しい種目。

しかし、スクワットをする時の呼吸法が良くない場合、血圧が上がったり酸欠になったり気持ち悪くなったりしてしまいます。



そうならないようにスクワットをする時は、

  • しゃがみ始めからしゃがみ終わる寸前までは息を吸う
  • 体を上げてくる時は息を吐く

このような呼吸を心がけましょう。


ただ、重い重量を扱ったスクワットをやる場合は、しゃがみ終わる手前から体を上げ始めるタイミング(1番キツイところ)では呼吸を一瞬止めた方がパワーを発揮しやすくなります。

※ちなみに1番キツイところをスティッキングポイントと言って、この呼吸法のことをバルサルバ法と言います。



この事から、この呼吸法を採用している人(筋トレ中級者以上)は多いと思いますが、筋トレ初心者は、慣れていないうちはやらないほうが良いでしょう。

慣れたらパワーを発揮しやすいので、やった方が良いと思いますが、血圧が高めの人は、無理をしてやらないほうが良いかもしれません。


この、バルサルバ法で呼吸を止めるのは一瞬です。(1番キツイところだけ)

呼吸を止める時間が長かったり、インターバルが短かったりすると、酸欠になったり気持ち悪くなったりする確率が高くなるので、注意してください。



ちなみに私は以前、スクワットをして気持ち悪くなったことがよくありました。


あとで気づいたんですけど、原因は、『スクワットをやる動作中にずっと呼吸を止めていたから』

そりゃ、長く呼吸を止めていれば、酸欠になるし、気持ち悪くもなりますよ、という話(苦笑)


ちなみに現在は、呼吸を止めるのは一瞬だけなので、気持ち悪くなったりすることはありません。


ベンチプレス



大胸筋を鍛える代表的な種目、ベンチプレスをする時の呼吸法は、

  • バーベルを下げてくる時は息を吸う
  • バーベルを上げてくる時は息を吐く

こんな感じ。


他の大胸筋を鍛える種目も同じで、大胸筋を伸展する時は息を吸って、収縮する時は息を吐くのが基本。

ただし、ベンチプレスもバーベルを下げきる手前から上げてくるタイミング(1番キツイところ)で一瞬だけ呼吸を止めてやるバルサルバ法でやるのはアリです。


この方法は、スクワットのように酸欠になったり気持ち悪くなったりすることはまず無いと思うので、実践していっても良いと思います。


チンニング(懸垂)

チンニング(懸垂)の場合の呼吸法は、

  • 体を上げていく時は息を吐く
  • 体を下ろしていく時は息を吸う

チンニング(懸垂)をする時の呼吸に関しては、この通りにやって頂ければ、と思います。


まあ、基本さえ抑えていれば、あとは自然体で呼吸すれば良いと思います。


ダンベルカール



二頭筋の種目、ダンベルカールをする時の呼吸法は、

  • ダンベルを上げる時は息を吐く
  • ダンベルを下ろす時は息を吸う

こんな感じでやって頂ければOK。


難しいことは無いと思いますが、上記の事に気をつけて自然に呼吸をしていくと良いでしょう。


ライイングエクステンション(EZバー・ダンベル)

三頭筋の種目のライイングエクステンションの場合は、

  • バーやダンベルを上げてくる時は息を吐く
  • バーやダンベルを下ろしてくる時は息を吸う

こんな呼吸法でやっていきましょう。


ライイングエクステンションに関しても、最初の方はこんな感じで呼吸するんだな、という基本だけ理解してもらって、あとは自然に呼吸していけば良いと思います。


ダンベルショルダープレス



肩の筋トレで代表的な種目、ショルダープレスをする場合は、

  • ダンベルを上げていく時に息を吐く
  • ダンベルを下ろしていく時に息を吸う

こんな感じで呼吸をしていくと良いでしょう。


このダンベルショルダープレスも最初だけ呼吸の流れ(上げる時は吐いて、下げる時は吸う)を意識しておけば、あとはそれほど意識しなくても呼吸出来ると思います。


クランチ

腹筋の代表的な種目、クランチをする時の呼吸法は、

  • 体を起こしてくる時は息を吐く(最後までしっかり吐き切る)
  • 体を寝かせていく時は息を吸う

このような呼吸法を行っていきましょう。



腹筋は、他の部位の筋トレ種目よりも意識して呼吸を行うことで腹筋(腹直筋)に負荷を与えやすくなります。

特に、腹筋を収縮した時に息を最後まで強く吐き切る事で、より収縮感が得られやすくなるでしょう。



腹筋の呼吸に関しては、下記の記事も参考にしてみてください。

正しい腹筋の鍛え方は、呼吸をしっかりして腹筋のみを動かすことです
腹筋を割る・・・そう思っても正しい腹筋の鍛え方を実践していないと腹筋はなかなか成長してきません。では、正しい腹筋の鍛え方とはどんな鍛え方なのか?という事につ...


まとめ

今回は、筋トレをする時の呼吸法を種目別に言及しました。


筋トレする際の呼吸は、どの種目も

  • 収縮時(筋肉を縮める)に息を吐く
  • 伸展時(筋肉を伸ばす)に息を吸う

これが基本です。



スクワットのような高重量を扱う種目では、一瞬だけ呼吸を止める方法(バルサルバ法)がおすすめですが、これを実践する場合は、注意してやってください。

何故なら、呼吸を止めることによって、血圧が上がりやすくなりますし、酸欠になったり、気持ち悪くなったりする可能性があるから。(血圧が高めの人は、あまりおすすめ出来ません)


筋トレ初心者や、その種目自体に慣れないうちは、呼吸は止めないようにやっていったほうが良いかもしれません。


呼吸を意識しながら筋トレをしていく場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します
体脂肪率を下げるトレーニングの代表といえば筋トレです。筋トレは、男性だけではなく女性もやったほうが体脂肪も燃えやすくなり、スリムな体型になれるので、ぜひ取り...




あと、腹筋をする時は、収縮時にしっかり息を吐き切ることで腹筋への負荷が高まるのでおすすめですよ。


腹筋トレーニングについては、下記の記事を参考にしてみてください。

筋トレメニューを自宅のみで、それも腹筋トレに絞って組んでみた
筋トレを自宅だけでする場合、メニューをどうしたら良いか困ったことはありませんか?私はあります(苦笑)今回は、腹筋のトレーニングに絞っておすすめの筋トレメニュ...



この記事が参考になれば幸いです。

筋トレ初心者に人気の成分・HMBについての記事はこちら

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

関連コンテンツ
 

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード IHERBJP10 を入力する事で10ドルの割引を受ける事ができます。

■初回のアプリの注文で5ドル割引・プロモコードは APPS2017 です。(2017年8月30日終了)

・上半期特大セールで、全ての商品が10%OFF・プロモコードは MIDJP です。(日本時間で7月2日(日)午前2時まで)

おすすめ記事はこちら

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

マイプロテインのセール情報

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、毎日色々なカテゴリーでセール中(最高80%OFF)

スポンサーリンク
 

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからシェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツなどを記事にしていこうと思っています。

メールマガジン

理想の体型と、理想のライフスタイル。

この2つを自由にコントロールして、人生を楽しむ方法を情報発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ