代謝がいい人の特徴は?そこから分かる代謝を上げる方法とは?

この記事の所要時間: 92

体脂肪率が低く、理想の体型を維持している人の多くは、代謝がいい(高い)傾向にあります。

つまり、代謝がいい人の特徴が分かれば痩せやすくなり、理想の体型を作りやすくなるということ。


その特徴を踏まえた上で、代謝を上げる方法についても言及してみたいと思います。

代謝がいい人の特徴と代謝を上げる方法

代謝がいい人の特徴は、

  • 筋肉量が多い
  • 起床時間と就寝時間が一定である
  • 6時間以上の睡眠時間を確保している
  • お腹が一杯になるまで食べない
  • 食事の時間と間隔が一定である
  • お通じが一定である
  • 水分をしっかり摂取している

この7つ。


1つずつ解説していきましょう。


筋肉量が多い



これは、誰でも聞いたことがある話だと思いますが、筋肉量が多い人は代謝が高い傾向にあります。


人間の基礎代謝の中で、20%程度の代謝を担っているのが筋肉ですから、筋肉量が増えていけば、代謝が良くなっていく可能性は充分にあります。

実際に、筋肉量のボディビルダーや最近人気になってきているフィジークの選手は、沢山摂取カロリーを摂取しても太りにくい傾向にあり、代謝がいい人と言えるでしょう。



ここまでの話の流れで行くと、代謝を上げる方法としては、筋肉量を増やすと良い、という事になります。


10代や20代の若い人は、元々筋肉量が多い傾向にあるので、あまりストイックにならなくても良いかもしれませんが、30代以降の人は、男性も女性も筋トレをして筋肉量を少しでも増やしていくと良いと思います。


筋トレをすることは、筋肉量を増やして代謝を上げることにも繋がりますし、60代とかになっても若々しくいられたり、筋トレをしてこなかった人に比べて圧倒的に動ける体を手に入れることにも繋がります。

もはやこれは財産と言えるでしょう。(健康な肉体はお金で買えませんから)


という事で、まずは代謝をいい状態にしたい場合は、筋トレを継続してやってみることをおすすめします。

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します


起床時間と就寝時間が一定である



代謝がいい人は、規則正しい生活を心がけている人が多い・・・というよりも、自分が体調が良いと感じる生活を心がけている人が多いと思います。


その中で実践しているのが、生活のリズムを良くするためにいつも起床時間と就寝時間をだいたい一定にしているということ。

これが出来てくると、体がこのリズムを覚えてくるので、体調を崩しにくくなり、結果的に代謝が良くなる流れを作っていきます。



逆に、体調を崩したり、風邪などの病気をしたりすると、代謝が下がっていく流れになるので注意が必要。


6時間以上の睡眠時間を確保している



毎日睡眠をしっかり確保している人は、1日で溜まった疲労を回復できている場合が多く、代謝が下がりにくい傾向にあります。

体の疲労が抜け切らないと代謝は下がっていく傾向にあるので、そうならないように最低でも6時間以上の睡眠時間を取るようにすると良いでしょう。


風邪を引いた時などもそうですが、ちょっとした病気や体の疲労を回復させるには薬を飲んだり栄養のある食事を摂るよりも睡眠が1番の薬となります。



また、先程話した起床時間と就寝時間を一定にする、というのも一緒に実践すれば、更に良い流れが作れるでしょう。


お腹が一杯になるまで食べない



代謝がいい人は、1回の食事でお腹が一杯になるまで食べない人が多い傾向にあります。

その人にもよりますが、だいたいお腹一杯食べた時は、体にとっては食べ過ぎの状態であることが多いです。


お腹一杯になるまで食べたということは、内臓(胃腸)は多くの食事を消化吸収するためにフル稼働する必要があり、そうなると、内臓が疲労しやすくなります。

内臓が疲労を起こしてしまうと、最終的には代謝が下がリやすくなるのです。



一方、毎回の食事で腹八分目で食事を終える人は、食後もお腹が軽いですし、内臓もそれほど多くの食事を消化吸収しなくても良いので、あまり負担もかかりません。

なので、結果的に代謝も下がりにくい傾向にあります。


これは、実践した人じゃないと分からないと思いますが、毎回の食事を腹八分目(まだ食べれるけど心地よい状態)で終えると、体が心地良いのが実感できると思いますよ。


食事の時間と間隔が一定である



代謝がいい人の特徴の1つとして、毎日食事の時間が一定であり、更に時間の間隔も一定になっている、というのがあります。



例えば、毎日の食事の時間は、

  • 7時 朝食
  • 12時 昼食
  • 16時 間食
  • 19時 夕食

だいたいこのように決まっていて、時間の間隔も3~5時間に1回は食事を摂っている、というパターン。


毎回、同じような時間帯に食事を摂ることで、体は「○時頃に栄養が入ってくる」と記憶しているので、代謝のリズムも良くなりやすくなります。(この感覚は人によりますが・・・)



また、食事の間隔も一定にすることで血糖値が安定しやすくなるので、結果的に体脂肪もつきにくくなり、代謝も下がりにくい傾向にあります。


話をまとめると、毎日だいたい食事をする時間を一定にして、食事の間隔を3~5時間くらいにすると良いでしょう。

ただし、先程の話じゃないですが、お腹一杯になるまで食べてしまったら、食事の時間や間隔を一定にしても意味が無いですから、そこは気をつける必要がありますけどね。

スポンサーリンク
 

お通じが一定である



代謝がいい人は、いつもお通じのサイクルが一定になっている場合が多い傾向にあります。


ポイントは、

  • 毎日お通じがある時間帯が決まっている
  • 毎日お通じの回数が決まっている

この2つで、いつもお通じがある時間帯が決まっていて、回数も決まっているというパターン。



逆に、お通じが一定じゃないという事は、便秘になりやすくなっていたり、そもそも便秘な場合が多い。


便秘は、便を出すために体がエネルギーを沢山使うため、結果的に代謝が下がりやすくなります。

いつも、お通じがスムーズで一定であれば、体に負担はあまりかかからないので、代謝が安定しやすくなり、結果的に代謝が下がりにくくなると言えます。


先程、お腹が一杯になるまで食べると内蔵に負担をかけて代謝が下がりやすくなる、という話をしましたが、結局、消化吸収~排泄までの流れがスムーズになっていないと、代謝が下がりやすくなる、ということなのです。



お通じを一定にする対策としては、

  • 水分をこまめに沢山摂取する
  • 出来れば、毎朝トイレタイムを設ける(出なくても30分ほどリラックスする時間を作る)
  • 蠕動運動を活発にするために、ウォーキングやドローイン、腹筋などを実践する
  • 便秘気味になったら食物繊維を摂りすぎない(余計便秘になるから)

こんなところでしょうか。


注意点としては、便秘じゃない時はこまめに食物繊維が多い食べ物(野菜やキノコ類、海藻類)を食べていくのがおすすめですが、便秘になってしまった状態で食物繊維を摂りすぎると余計に糞詰まりになって便秘が悪化する場合があるので、注意しましょう。


水分をしっかり摂取している



普段から水分をこまめに摂取していれば、体内での栄養(エネルギー)の循環がスムーズになりやすいと言えます。

何故なら、栄養は血液内で運ばれ、血液の大半は水分ですから体内に水分が多くあったほうが、栄養(エネルギー)の循環もしやすくなり、結果的に代謝も下がりにくくなるという仕組みです。


先程、筋肉量が多い人は代謝がいい傾向にある、という話をしましたが、筋肉自体も大半(70%くらい)が水分なので、筋肉量が多くて日頃からしっかり水分を摂取している人は代謝が高い傾向にある、という話も納得できるのではないでしょうか。


また、どんな人間でも大半(60%くらい)は水分から出来ているので、水分摂取が代謝に及ぼす影響がある、という事も何となく理解できると思います。


人によって適切な水分摂取量は違ってきますが、代謝を下げない為に目安として1日で1.5~2リットルくらいの水分を摂取していくと良いでしょう。


まとめ

今回は、代謝がいい人の特徴を言及しつつ、そこから分かる代謝を上げる方法についても解説してきました。


代謝がいい人の特徴は、

  • 筋肉量が多い
  • 起床時間と就寝時間が一定である
  • 6時間以上の睡眠時間を確保している
  • お腹が一杯になるまで食べない
  • 食事の時間と間隔が一定である
  • お通じが一定である
  • 水分をしっかり摂取している

この7つでした。


簡単に言えば、この7つをしっかり実践している人が代謝がいい傾向にあるので、これを真似すれば自然と代謝が良くなっていく可能性がある、という事です。


人によっては、今すぐ7つのことを実践できない環境かもしれないし、そもそもいきなり全部は無理、という場合が大半だと思うので、もし現時点で少しでも代謝を上げていきたい場合は、自分が継続できそうな事から始めていくのが良いかな、と思います。



今回紹介した事は、1週間実践したところで目に見えて結果が出るわけではありません。

やはり、一定期間は継続していく必要があるので、途中ですぐやめてしまわないように無理しない範囲で自分の生活の中に取り込んでいくと良いでしょう。


筋肉量を増やす以外は、普段の生活を変えていくことで実践出来ることが大半ですから、すぐに実践できることはあるはず。

もしあなたが、少しでも代謝を良くして痩せやすい体質を手に入れて、理想の体型になれる確率を上げたいのなら、今回の話を参考にしてみてください。



あ、そうそう、筋肉量を増やす場合だけは、目安として週に3回(1回で30分~1時間)くらい筋トレをする時間を作っていくことをおすすめします。

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します


この記事が参考になれば幸いです。

関連コンテンツ
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

アイハーブをおすすめする理由!プロテインやサプリも紹介

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

■マッスルテックの製品(プロテイン等)が15%OFF(日本時間で11月23日午前2時まで)

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中で25%〜最大80%OFF

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

メールマガジン

理想の体型と、理想のライフスタイル。

この2つを自由にコントロールして、人生を楽しむ方法を情報発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ