腰回りのストレッチをして痩せ体質を作ろう

この記事の所要時間: 149

普段から腰回り、お腹周り、脇腹、
横腹の脂肪に悩む人は多いと思います。

では、この腰回りに脂肪がつくのは何故なのでしょうか?


原因はいくつかあると思いますが、その中の1つに

『普段腰回りの筋肉が使われていない上に
凝り固まっているから脂肪がつきやすい』

というのがあります。


使われていない筋肉の部分は、筋肉が凝り固まって
いて、血液の流れも悪いですからその腰回りの
筋肉をストレッチでほぐして活性化させてあげないと、
脂肪が付きやすくなってしまう、という事です。


普段あまり運動をしていない人で、腰回りに脂肪や
ぜい肉がつきにくい人は、腰回りの筋肉がほぐされていて、
更に日常生活で腰回りの筋肉を自然と使う人が多いと思います。


そして、その腰回りの筋肉の代表といえば、

『大腰筋(腸腰筋)』です。


大腰筋(腸腰筋)は、上半身と下半身を繋いでいる筋肉です。

この大腰筋(腸腰筋)をストレッチ
する事で、腰回りの筋肉がほぐされ、
活性化して、痩せ体質を作りやすくなります。


要するに大腰筋がほぐされて、以前よりも
大腰筋を日常の生活で使うようになれば、
腰回りに脂肪や老廃物が溜まりにくくなり、
痩せ体質になりやすい、という事になります。


それでは早速大腰筋のストレッチを紹介していきましょう。

言葉で説明するよりも見てもらったほうが
早いので、下記に動画を載せておきます。


で、見てもらえば分かりますが、大腰筋のストレッチは
誰でも出来ますし、どこでも出来ますし、実践する
時間もそれほどかからないので、隙間時間にも出来ます。


そして、出来るなら毎日行ったほうが良いでしょう。
(特に普段から大腰筋を使っていなかった人)


ただ、大腰筋をストレッチしたからといって、
誰でも簡単に痩せる事は難しいかもしれませんが、
ストレッチをしつつ、普段歩く時に大腰筋を動かす
意識を持つと脂肪は燃焼しやすくなるはずです。

お試しください。

関連コンテンツ
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や、美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るアイハーブというサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブのセール情報

■新規購入の場合、クーポンコード WELCOME5 を入力する事で5ドルの割引を受ける事ができます。

・【新規購入割引セール】新規購入で40ドル以上買い物をされた場合、10ドルOFF+更に5%割引しています。(日本時間で10月1日15:59分まで)

新規購入割引セールの詳細はこちら(このリンクをクリックした時点で自動的に割引が適用されます)

・マッスルテックの製品(プロテイン等)が10%OFF

筋トレ初心者に人気の成分・HMB

HMBの副作用や効果について解説・摂取している人の評判は?

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

タンパク質を多く含むお菓子についての記事

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

タンパク質をおやつとして食べる時のおすすめ商品を紹介します

おすすめ記事

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

マイプロテインのセール情報

■毎日、色々な商品(プロテイン・BCAA・HMB・クレアチン・プロテインバー等)がセール中(25%〜80%OFF)

■月一セール・チョコレート味が全品30%OFF

・割引コードは CHOCO30 です。

スポンサーリンク
 

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のボタンからいいね、シェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、理想の体型を作るのに役立つコンテンツを記事にしていこうと思っています。

メールマガジン

理想の体型と、理想のライフスタイル。

この2つを自由にコントロールして、人生を楽しむ方法を情報発信しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ