お腹周りを引き締める大腰筋の鍛え方とは?

この記事の所要時間: 228

まず最初に言っておきますが、大腰筋を鍛える事で
インナーマッスルの機能が高まると思っている人が
多いかもしれませんが、大腰筋はどちらかというと
アウターマッスルの機能が高まるトレーニングになります。
(解剖学の本を読むとそう記載されています)


そんな大腰筋をしっかり鍛える事で
どんなメリットがあるのか?というと、

『しっかり大腰筋を動かしたトレーニングをすれば、
お腹周り、ウエスト周りを引き締めることが出来る』

という事です。


特に普段から大腰筋を動かしたことが
ないような体の使い方をしている人は、
大腰筋を動かすトレーニングをする事によって、
かなりの引き締め効果が期待できると思います。


それでは、早速お腹周りを引き締める
大腰筋の鍛え方を説明していきたいと思います。

大腰筋の鍛え方

daiyoukinn

大腰筋をしっかり動かして鍛えるには
右と左の骨盤を交互に上手に動かすことが重要です。


これに適した運動は、

『お尻歩きの歩かない版』です。


よく大腰筋を鍛えるには

『お尻歩きをした方が良いよ』

と言われていますが、お尻歩きをするよりも
その場で右と左の骨盤を交互に前に出す運動のほうが
やりやすいですし、大腰筋を鍛えやすいです。


そのやり方の動画はありませんが、
それに近い動画を見つけたので載せておきます。


補足説明をさせていただくと、動画のように
脚を伸ばすのではなく、もう少し曲げて骨盤を
左右にずらすように交互に動かしていきます。


この時、手の指で骨盤(大腰筋の部分)を触りながら
やると、大腰筋が動かせているか?を確認しやすいです。


上手に大腰筋を動かすことが出来れば、
結構キツイ運動になるので、最初のうちは
あまり長い時間できないと思います。

なので、自分の体力に合わせてやってみてください。

スポンサーリンク
 
普段から大腰筋を動かせていない人がほとんどなので、
このトレーニングを一定期間継続すれば、お腹周りや
ウエスト周りはスッキリしてくると思います。

もちろん、食事は気をつけないと意味無いですけど・・・。


あとは、大腰筋を伸ばすストレッチも一緒にやると、
疲労が抜けやすくなるので良いと思います。


参考になる動画を載せておきます。


まとめ

大腰筋を鍛えることによって、
お腹周りを引き締め効果に繋がります。

ただし、今回紹介したトレーニングもしっかりと
骨盤を動かして大胸筋を動かさないと、脚だけを
動かす運動になってしまうので注意が必要です。


脚を動かすのではなく、大腰筋(骨盤を左右別々に動かす)
を軸にして動かす事が大切です。


良かったらお試しください。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

■ホリデーセール(日本時間で12月13日(火)午前3時に終了)

・ショッピングカートでプロモコード GET10 を 入力すれば、40ドル(USD)以上の注文で10%OFF(その他の割引や、プロモーションとの併用可)

・新規購入で40ドル(USD)以上の注文の場合は20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ