背中の肉の落とし方は筋トレと有酸素運動の融合が有効です

この記事の所要時間: 610

senaka

40代くらいになってくると、
腰回りや背中周りの肉
気になってくる人も多いと思います。


そこで今回は背中の肉の落とし方
ついて言及していきたいと思います。

気がついたら・・・

背中周りや横腹、腰回りに肉が気がついたら
ついてしまっていた、なんてことはありませんか。


そんな背中の肉はどうしたら落ちるのか?

答えは簡単でこの背中の肉の取り方として
有効なのはやはり筋トレと有酸素運動の
組み合わせが一番効率が良いと思います。


他にもヨガや体幹トレーニングなども有効な方法だと思います。

思いますが、最短で背中の肉を落とす、という事を
考えた場合、背中の筋肉は体の中で2番目に大きい
筋肉(背中)という事もあり、鍛えれば脂肪燃焼効果も
高いので、やはり筋トレ(背中の)をしたほうが良いかのな、と。

そもそも今回は背中の肉を落とす、という目的を考えると
背中の筋肉を鍛えることが一番の近道だと思います。


また、背中の肩甲骨周りには脂肪が燃えやすい褐色脂肪細胞
というのがある(ある専門家は違うと言っている)ので、
多く動かすことによって脂肪が燃えやすいと言われています。


これだけの条件が揃っているので、あなたには
背中の筋トレをすることをおすすめしたい、という事で
早速背中の筋トレを紹介していきましょう。

と、言ってもあなたが、

「私は筋トレは好きじゃない」

という場合もあります。


ですので、そういう場合は体幹トレーニングや
ヨガの呼吸法などの記事を下記に載せておくので、
良かったら参考にしてみてください。

内臓脂肪を減らす呼吸法の存在について言及してみた

インナーマッスルの鍛え方で女性にもおすすめの方法を紹介します

自宅で出来る体幹トレーニングメニューを紹介します


さて、話を戻して背中の肉を落とすための
筋トレ方法と有酸素方法をこれから紹介していきます。


背中の肉を落とす筋トレ

ラットプルダウン

トレーニングマシンを使った背中のトレーニングです。


肩を上手に動かして、背中全体の筋肉を刺激してあげましょう。

詳しいことは動画の中でしっかり説明してあります。


ポイントは、肩を上げながら動かすのではなく、
肩を下げた状態で動かすことで、
背中の筋肉に負荷をかけやすくなります。


懸垂(チンニング)


懸垂はあなたも知っていますよね。

懸垂は、背中の筋肉を鍛えるのに有効なトレーニングですが、
背中のみに刺激を与えるトレーニングをしていく場合、
非常に強度が高いトレーニングになります。


つまり、回数があまり出来無い上に上手に出来ません。

ですので、最初は脚を地面についた状態で練習していくと、
上手に背中の筋肉を刺激していけると思います。


あくまでも背中の肉を落とすため、背中の筋肉に
刺激を送るトレーニングなので、他の部位(腕や肩)に
刺激を送るトレーニングをする必要はないのです。

という事で、詳しいやり方や練習の仕方は
動画の中で分かりやすく解説してくれて
いるので、参考にしてみてください。


ポイントは、肩を下げて胸を張って肩甲骨を
寄せるように背中で引いてくることですね。


ベントオーバーローイング(ダンベルやってもでもOK)


ベントオーバーローイングは、
バーベルでやってもダンベルでやってもOKです。


こちらのベントオーバーローイングも先ほど
紹介したトレーニングと同様に肩を下げて、肩甲骨を
寄せるように引いてくることが大事ですね。


あとは、お尻をしっかり後ろに引いて、背中を
丸めないように注意してやっていきましょう。

背中の筋肉を動かすのは結構難しいですけどね。


有酸素運動

有酸素運動はなるべく単体でやるのではなく、
筋トレと組み合わせていく方が背中の筋肉も
付けつつ、背中の肉も落ちると思います。


有酸素運動だけをたくさんやると、筋肉も落ちて
背中の肉も落ちてあまりかっこよくない体型になる
可能性があるので、出来れば一緒にやるのが良いですね。


で、おすすめの有酸素運動は・・・何でも良いです。

ウォーキングでもジョギングでもエアロバイクでも
あなたが興味のある有酸素運動をやっていきましょう。


時間は30分~40分位やれば十分です。


あと、1つ紹介しておきたいのは、
タバタ式インターバルトレーニングです。

タバタ式インターバルトレーニングは、無酸素運動と
有酸素運動を融合したトレーニングなので、筋力アップ
と脂肪燃焼効果もある素晴らしいトレーニングです。


これだったら筋トレ無しで単体でやっても筋肉は
落ちないと思う(短時間で終わる、というメリットもある)
ので、良かったら下記の記事を参考にして試してみてください。

体脂肪率を下げる、といわれるトレーニング・タバタ式とは?


まとめ

さて、今回は背中の肉の落とし方について言及して
みましたが、結局筋肉をつけようと努力することが、
背中の肉や脂肪を落とすことに繋がる、という事です。


もちろん、他にも肩甲骨周りの可動域を広げるような
ストレッチなども背中の肉を落とすには有効だと
思いますが、短期間で背中の肉を取ろうと思ったら
筋トレ+有酸素運動が一番効果的だと思います。


ストレッチやヨガなどが効果が無い、といっている
わけではありませんので、出来る場合はストレッチや
ヨガなどをやっていくのもアリだと思いますよ。


話がそれましたが、今回紹介した動画を参考にして
背中のトレーニングをしていくことで、背中の筋肉を
たくさん動かし、筋肉もつきやすくなり、結果として
背中の肉が落ちやすくなるので、もし良かったら
トレーニングを始めることをおすすめします。

「トレーニングジムなんか通えないよ」

とあなたは思うかもしれませんが、

ジムに行かなくても、ダンベルがあれば
自宅でトレーニングが出来ますし、公園に
行けば鉄棒があるので、懸垂が出来ます。


週に2、3回、1回のトレーニングが30分程度。

この位の時間を何とか作ることが出来れば、
背中の肉を取ること可能なのです。

是非、チャレンジしてみてくださいね。


あと、背中とは関係ないですが、体の中で一番大きな
脚を鍛えとおくと背中の肉だけではなく、腰回りやお腹周りの
脂肪も燃えやすいので、よかったら鍛えてみてください。

参考記事は下記からどうぞ。

体脂肪率を下げるのに一番効果的な筋トレとは?


また、これは当たり前の事なのですが、食事も
気をつけないといつまで経っても背中の肉は
落ちないので、多少は気をつけていきましょう。

食事に関しては、下記の記事を参考にしてください。

体脂肪率を下げる食事で気をつけるべき3つのポイントとは?


この記事が参考になれば幸いです。

体脂肪を減らしやすくするサプリメントの記事はこちら

アイハーブのプロテインでおすすめを5つ紹介・成分や味は?

体脂肪だけを減らすのに役立つサプリを紹介します

Lカルニチンの効果と摂取タイミングで効率よく脂肪燃焼する方法

体脂肪を落とすのにフィッシュオイルは効果があるのか?という話

マルチビタミンは筋トレや体脂肪率を減らすのに必要なのか?

スポンサーリンク
 

おすすめ記事はこちら

プロテインバーは食べ方次第で太るし、ダイエットも出来ます

体脂肪率を下げる食べ物(三大栄養素編)を紹介します

体脂肪率を一桁まで落とす方法を順序立てて説明します

体脂肪率を下げるトレーニングで参考になる動画を紹介します

タンパク質の多い食品で低カロリーなモノを紹介します

筋トレのメニューを自宅で器具なしで組んだ場合の例を紹介します

スポンサーリンク
 

健康的に理想の体型を目指したい人におすすめのサイト

海外のサプリメント(プロテインやアミノ酸)や美容アイテム、
オーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)という
サイトについては下記の記事で詳しく説明しております。

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

■今週のセール(日本時間で12月8日(木)午前3時に終了)

・Madre Labsの全製品(フィッシュオイル等)が20%OFF

・ALLMAX Nutritionのプロテインが20%OFF

アイハーブの特別セールや期間限定セールの情報はこちら

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら・・・

下記のいいね、ツイートボタンなどでシェアして頂けると幸いです。

これからも自分の実体験も含めて、実践したら誰でも
効果の出やすい方法などを記事にしていこうと思っています。

メルマガ始めました



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ